鶴見区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

市政報告太'sレポート 114 責任ある言動で課題解決を 横浜市会議員 公明党 尾崎太

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 第1回定例会は新年度予算案を賛成多数で可決し、3月23日に閉会しました。これによりコロナ対策をはじめ、子育てや教育、医療や福祉、ゴミ収集や公共交通及び水道事業の運営、更には災害に強い街づくりなど、多岐に渡る市民サービスが滞りなく提供されます。

 一方、予算案に反対をしながら、政策を実現したかのような事実と違う誤解を招く広報などを目にすることがあります。

 議会でも、誤った広報などが、市政運営の弊害になると指摘したところ市長からも懸念が示され、正確で分かりやすい情報を伝えることが重要との答弁がありました。

広報や選挙公報などは、有権者の投票行動に重要な役割を果たすことから、議員や政党のモラルが問われます。

サムエル広場、整備へ

 さて、存続の危機に見舞われた北寺尾の「サムエル広場」は、横浜みどり税を活用した横浜みどりアップ計画により、緑地広場として整備されることが決まりました。

 地元自治会の皆様には、献身的な管理運営を行って頂いておりましたが、諸事情により市へ返還されていました。

 その後、鶴見区役所には大雨の際の緊急対応をはじめ、現広場の安全対策など、長期間に渡り、広場存続のために様々な調整をして頂きました。

 また、財政局や環境創造局では、財源の確保や計画の策定といった、具体的な事業化に向けた調整や検討など、多大なご協力を頂きました。

 政策や地域要望の実現に向けては、声を上げるだけではなく、関係者との課題の共有や具体策の検討など、丁寧に物事を進めていくことが重要です。人と人との信頼関係の構築が、市政運営の基本であることを改めて実感しました。

 市長からも鶴見区はじめ、緑の少ない市街地での緑地の創出は、地域にとって大変貴重なもの。様々な機会を捉え、みどりアップ事業や公園整備など工夫しながら、潤いと魅力に溢れ、災害にも強い都市づくりを進めるとの答弁がありました。

 安定した市営運営こそが市民生活を守ることになります。新年度も責任ある対応で課題解決に臨んで参ります。

公明党 横浜市会議員 尾崎太

鶴見区北寺尾7-19-47

http://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

地域の問題”hot(ほっと)”かない 市政報告

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

横浜市会議員 自民党 わたなべ忠則

5月7日号

地道に地域課題を解決

市政報告太'sレポート 115

地道に地域課題を解決

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月29日号

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」58

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

公明党 鈴木 ひでし

4月22日号

一緒に食べ学ぶ、中学校給食

育ちざかりの子どもたちを応援 市政報告みちよレポ【10】

一緒に食べ学ぶ、中学校給食

横浜市会議員(自民党)東みちよ

4月15日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

責任ある言動で課題解決を

市政報告太'sレポート 114

責任ある言動で課題解決を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

3月25日号

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter