鶴見区版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

市政報告太'sレポート 116 水害リスクへの意識向上を 横浜市会議員 公明党 尾崎太

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 令和3年第2回定例会は5月18日に開会しました。今回は正副議長の選出はじめ、常任委員会や特別委員会などの役員改選が行われました。今年度の常任委員会は「水道・交通委員会」に所属し、特別委員会は「減災対策推進特別委員会」で委員長を務めます。市民生活に直結する事業を所管する委員会です。これまで以上に責任ある議論を尽くして参ります。

ハザードマップの見える化

 今年は例年よりも早い梅雨入りとのことですが、近年、台風や降雨の激甚化により、全国各地で大きな浸水被害が発生しています。

 そのための備えの一つに、地域での浸水予測などを記したハザードマップが作成されています。こうした紙媒体に加えて国では「まるごとまちごとハザードマップ」事業により、河川が氾濫した際に想定される浸水の深さを街角の電柱や街路灯に、視覚的にわかりやすく表示する「見える化」を促進しています。

 鶴見区では平成20年度から、電柱等に浸水が想定される深さを掲示する取組を行ってきましたが、このようなハザードマップの見える化は、生活空間での浸水リスクを実感でき、水害に対する関心と意識向上を図る上でも非常に有効です。

 そこで、平成30年第3回定例会での総務局に対する決算審査において、ハザードマップの見える化を積極的に展開すべきと訴えました。

 さらに、令和2年第1回定例会の予算関連質疑では、国において不動産取引の際、宅建業者から購入予定者に対し、当該エリアの水害リスク説明が義務化されたことに伴い、避難行動に繋がる取組強化を要望しました。

 その結果、鶴見区内では地域との連携を通し、114カ所の電柱に「計画規模想定浸水深」(今年度、想定最大規模に刷新予定)を掲示するテープが貼られ、地域住民への意識啓発がはかられています。

 現任期も折り返しを迎えますが、初心に帰り、市民の皆様の負託に応えて参ります。

計画規模想定浸水深を掲示する青色テープ
計画規模想定浸水深を掲示する青色テープ

公明党 横浜市会議員 尾崎太

鶴見区北寺尾7-19-47

http://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」59

「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現

公明党 鈴木 ひでし

6月10日号

水害リスクへの意識向上を

市政報告太'sレポート 116

水害リスクへの意識向上を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

5月27日号

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

地域の問題”hot(ほっと)”かない 市政報告

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

横浜市会議員 自民党 わたなべ忠則

5月7日号

地道に地域課題を解決

市政報告太'sレポート 115

地道に地域課題を解決

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月29日号

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」58

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

公明党 鈴木 ひでし

4月22日号

一緒に食べ学ぶ、中学校給食

育ちざかりの子どもたちを応援 市政報告みちよレポ【10】

一緒に食べ学ぶ、中学校給食

横浜市会議員(自民党)東みちよ

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter