鶴見区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

元宮1丁目古市場踏切 拡幅完了 歩道倍に 両側に空間 安全を確保

社会

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena
拡幅された古市場踏切(上)、下は拡幅前(横浜市提供)
拡幅された古市場踏切(上)、下は拡幅前(横浜市提供)

 横浜市は6月15日、整備を進めていた区内元宮1丁目の「古市場踏切」の拡幅工事が完了したと発表した。拡幅後は両側に歩行者空間が確保され、地域住民らは「これまでより安心して渡れる」と話す。

 古市場踏切はJR東海道線、京浜東北線、東海道貨物支線の3路線が走る延長27・1mの踏切。これまでは歩車道合わせた全体の幅員が8mで、白線などはあったものの、踏切内歩道の幅員は0・8mと、人と人がすれ違うのが困難な状況にあった。

 さらに、遮断時間の長い「開かずの踏切」でもあり、横断する人や自転車が滞留するケースも多く、危険性が叫ばれる踏切の一つであった。

 こうした状況を受け市は、2016年3月に策定した「横浜市踏切安全対策実施計画」で、同踏切を歩行者対策が必要な踏切に位置づけ、整備に着手。18年度から踏切と前後道路の拡幅工事を開始し、6月8日に完了させた。

 工事では、全体幅員を1・5m拡幅。車道の両側に1・5mと2mの歩行者空間を確保した。歩行者空間にはカラー舗装も施した。

 市道路局は「これまでは滞留した人や自転車が一斉に渡ることで危険が生じていたが、これで解消するはず」と説明。自転車で通行していた付近の住民は、「ラッシュの時は車道にはみ出さないといけなくて怖いときがあった。車もスムーズに渡れるのでは」と拡幅を歓迎した。

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に避難所開設手引き

江ヶ崎町内会

独自に避難所開設手引き 社会

コロナ禍で作成進める 

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

オンライン保活相談開始

オンライン保活相談開始 社会

区職員発案 市内初の取組

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月8日号

0円定食で学生支援

鶴見大学

0円定食で学生支援 社会

コロナ禍 収入減など理由に

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter