鶴見区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

まち普請、区内2団体通過 2次に向け準備へ

社会

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena

 市民による施設整備の提案に対して、横浜市が支援・助成を行う独自事業「ヨコハマ市民まち普請事業」の一次コンテストが、7月10日に行われ、区内からエントリーした2団体が通過した。

 同事業は、地域課題解決や魅力向上などを目的とした市民主体の施設整備提案について、市が最大500万円の助成金を交付するもの。

 鶴見区からは、矢向・江ヶ崎の歴史資料室・交流室「史季の郷」を運営する周辺住民による団体・NPO法人史季の郷と、沖縄県人会、仲通商店街、仲通三丁目自治会が連携した「結(ゆい)」つるみ実行委員会がエントリーした。

 史季の郷は、地産地消カフェや子育て相談所などの新事業に着手するため、既存施設の拡張などを提案。結は、地域住民の集いの場や、沖縄や南米の文化体験の場や、情報発信拠点の整備をプレゼンテーションした。

 一次では8団体中、6団体が2次コンテストへ。2次は来年2月6日に開催される予定。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

即興の絵を競う

即興の絵を競う 文化

ライブペイント企画 30日に

10月21日号

電話録音機を貸出中

電話録音機を貸出中 社会

詐欺防止に活躍

10月21日号

歴史学ぶ連続講座

歴史学ぶ連続講座 文化

11月6日と13日に

10月21日号

「大切な資産を守るため」

「大切な資産を守るため」 社会

神奈川銀行に聞く

10月21日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月21日号

還付金詐欺が増加傾向

区内振り込め等

還付金詐欺が増加傾向 社会

非接触の手口を利用か

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook