鶴見区版 掲載号:2021年8月12日号 エリアトップへ

市内商店街加盟店舗 後継者不在が3割超 コロナ禍の経営実態調査

経済

掲載号:2021年8月12日号

  • LINE
  • hatena

57%「自分の代で閉める」

 新型コロナウイルス感染症が商店街や個店、来街者へ与えた影響を把握するため横浜市はこのほど、緊急商店街関連調査事業を実施した。その中の「経営実態調査」によると、後継者不在の商店街加盟店が3割を超えることが分かった。市はこの結果を踏まえ、商業振興施策の検討などに活用する方針だ。

1万2千店超に実施

 同調査事業は、コロナ禍での雇用情勢悪化に対応する緊急雇用創出事業の一つとして実施。11年ぶりの経営実態調査は、20年11月から21年2月に市が横浜市内の商店街加盟店舗の個店1万2725カ所にアンケートを配布し、7905件(62・1%)を回収した。

 その結果、後継者の有無についての設問では「後継者がいない」が35・6%と最も高く、次いで「まだ考えていない」(34・7%)、「後継者がいる」(24・6%)となっており、全体の3分の1以上の個店で後継者不在という実情が浮き彫りとなった。

 また、後継者不在の店舗に対する今後の営業については「自分の代で店を閉める予定」が57・0%と最も高く、事業継承しない店舗は半数以上にのぼった。

 全国の商店街が衰退する中、後継者不足を解消しメディアでも取り上げられた秩父市「みやのかわ商店街振興組合」の島田憲一前理事長は「後継者がいなくても公募するなど方法はある。継がせることをあきらめたらだれも(店を)やってくれない」と、現経営者の意識の重要性を示す。

新生活様式の対策模索

 コロナ禍以前から全国の例に漏れず横浜市内の商店街の空洞化は課題の一つ。市は、空き店舗になることを防ぐための改修費用等を支援する「商店街個店の活力向上事業」を実施し、15年度から20年度までに52件の一部経費を補助。しかし、後継者不在の状況改善には至らないのが現状だ。

 そんな中での新型コロナの発症は追いうちをかけたといえる。そこで市は、新生活様式での商店街活性化促進企画を発足。市経済局担当者は「市内も含めた全国の先進事例や好事例を共有し、コロナ禍での商店街活動を促す」と話す。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見川一斉清掃に100人

鶴見川一斉清掃に100人 社会

桜緑化委員会ら有志集う

12月2日号

福祉用具無料で体験

「防センジャー」から出題

市民防災センター

「防センジャー」から出題 社会

6問答えて商品ゲット

12月2日号

3代目「まもり」就役

横浜市消防艇

3代目「まもり」就役 社会

最新鋭の設備搭載

12月2日号

パンフ掲載店を募集

#うちメシ応援プロジェクト

パンフ掲載店を募集 文化

9日まで

12月2日号

食事券が販売再開

Go To Eat

食事券が販売再開 経済

コンビニやLINEで

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook