鶴見区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

地域で子育て応援へ 出産祝う企画 参加しやすさ工夫

コミュニティ社会

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
今年度のプレゼント
今年度のプレゼント

 出産家庭に地域と公募企業らがプレゼントを贈る「ウェルカムベビープロジェクト」を鶴見区内で展開するNPO法人つるみままっぷが、このほど来年2022年度の取組を発表した。企業がエントリーする協賛費用やプレゼント数を少数から可能とし、参加しやすくするほか、プレゼントの受取場所を区内の子育て拠点に変更するなど、取組の啓発や出産家庭の交流につなげる考えだ。

 プロジェクトは、国が出産家庭や育児に必要な衣類などを贈るフィンランドの制度にならい、2016年に戸塚区でスタートしたもの。「子育てを応援できる社会」を目的とし、プレゼントは選考を通過した協力企業などが提供している。

 鶴見区では、18年に開始された。子育て視点の地図「つるみままっぷ」を製作・配布している市民団体NPO法人つるみままっぷが主体となり、東宝タクシー(株)やナイス(株)、(有)東日機工工事などが協力。タクシー迎車1回無料や、オリジナルスタイなどを提供し、20年度までに671世帯にプレゼントを配ってきた。

鶴見独自に

 鶴見ではこれまで、申し込み家庭に宅配で届けてきたが、来年度からは、区内2カ所の子育て支援拠点と、4カ所ある親と子のつどいの広場での手渡しに変更する。

 変更理由について、ままっぷ代表の今井幸子さんは「手渡しで取りに来てもらうことで、支援の場所に初めて訪れるきっかけになる」と説明。受け取り当日は、無料で遊べるようにするなど、交流する機会も設ける。

 また、企業などのプレゼントパートナーについても、従来のエントリー協賛費3万円とプレゼント200個以上という枠に加え、協賛費1万円、プレゼント数50〜100個という小ロットの枠を鶴見独自で用意。個人店などでも、気軽に参加できるよう工夫する。

プレゼント募集

 プロジェクトを展開する鶴見区と戸塚区では、11月30日まで、2022年度のプレゼントパートナーを募っている。

 募集するのは「まち全体で子育てを応援できる社会」というメッセージが感じられる「ものやサービス」。来年1月の選考会に参加等条件あり。詳細(問)認定NPO法人こまちぷらす ウェルカムベビープロジェクト事務局【メール】welcomebaby@comachiplus.org

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に臨海フェス

区内2連合会

独自に臨海フェス 社会

「コロナだからこそ」と企画

10月21日号

卒業生の著書コーナー新設

県鶴図書室

卒業生の著書コーナー新設 教育

「生徒の刺激に」 120冊

10月21日号

新人4氏が議席争う

衆院選神奈川3区

新人4氏が議席争う 政治

小此木氏辞職で現職不在

10月14日号

交流促進にシールラリー

矢向・市場地区

交流促進にシールラリー 社会

コロナでも活動模索 29日に

10月14日号

ブレイキン関東甲信越でV

ワープス竹中さん、間瀬さん

ブレイキン関東甲信越でV スポーツ

五輪へ続く大会に臨む

10月7日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook