鶴見区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

市内団体、職域接種進める 建設業協会、工業会ら 会員に安心を

社会

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena
建設業協会(上)と工業会の職域接種の様子
建設業協会(上)と工業会の職域接種の様子

業務委託せず接種環境整備

 横浜建設業協会(山谷朋彦会長)は現在、会員企業の希望者1000人に向け、新型コロナウイルスのワクチン接種を実施している。神奈川県内で建設業団体で職域接種を実施するのは、同協会が初めて。

 同協会は、市内建設業者300社以上の会員で構成。鶴見区会は、24の企業が所属している。台風や地震など自然災害の発生時には、横浜市との災害協定により緊急出動を行っている。

 今回の職域接種は、コロナ禍でも現場に出る必要がある従業員の命を守るため、同会として職域接種の新規受付が停止する6月25日より前に職域接種を申し込んでいた。

 8月上旬にワクチンのキャンセル分が発生した関係で、千人分を確保し夏季休暇中に予約システムや接種会場、医師、看護師、薬剤師などの手配を業務委託せずに同協会の担当役職員で行った。

 8月29日以降、同協会の会員希望者が金沢区の京浜健診クリニックで毎週日曜日に接種を行っており、10月17日まで実施する予定となっている。

市歯科医師会と協力

 鶴見工業会が9月18日と19日、会員企業の従業員や家族らを対象に新型コロナウイルスワクチンの職域接種を県歯科医師会館=中区=で行った。

 きっかけは、職域の条件となる1000人規模の接種に向け、神奈川工業会から呼びかけがあったこと。

 モデルナ製ワクチンを確保し、事前に申し込みのあった1350人に1回目の接種を実施。市歯科医師会の協力で加盟歯科医師が打ち手を担当し、予診を終えた来場者の腕に次々と接種した。2回目の接種は10月中旬に行う予定。

 40代の男性は「地元の金沢区で予約したが接種日が遅くキャンセルして職域接種に申し込んだ。1日も早く打ちたかったのでこのような機会はありがたい」と話した。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

食料、日用品を無料配布

食料、日用品を無料配布 社会

誰でも参加可 相談会も

12月9日号

振り返る 私の小学生時代

振り返る 私の小学生時代 文化

三世代鶴小 中西家にインタビュー

12月9日号

プレミアム商品券販売

レアールつくの

プレミアム商品券販売 経済

18日と19日、冊数限定

12月9日号

会員増強が奉仕の基盤に

RCの横浜・川崎エリア

会員増強が奉仕の基盤に 社会

小倉ガバナー、地区大会で

12月9日号

児童の記念作品

学校、地域へ思い込め

児童の記念作品 教育

12月9日号

ホーム100組200人を招待

プロバスケB3横浜エクセレンス

ホーム100組200人を招待 スポーツ

1月1、2日 横浜武道館

12月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook