鶴見区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

キリングループ 2商品で園芸博を応援 特別デザインで販売

経済

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena
商品を持つ(写真左から)佐藤支社長、山中市長、九鬼工場長、安武支社長
商品を持つ(写真左から)佐藤支社長、山中市長、九鬼工場長、安武支社長

 旧上瀬谷通信施設=瀬谷区・旭区=で2027年に開催予定の国際園芸博覧会のPR事業の一環として、園芸博応援デザインの「キリン一番搾り」と「生茶デカフェ」が販売される。

 横浜を創業地とするキリングループによるもの。生麦のキリンビール(株)横浜工場(九鬼理宏工場長)と同横浜支社(安武直幸支社長)が、「みんなで2027横浜国際園芸博覧会を応援しよう!キャンペーン」と銘打たれたデザインパック(350ml缶6本入り)を、10月4日から県内量販店などで販売している。また、キリンビバレッジ(株)横浜支社(佐藤栄二支社長)が、特別デザインの生茶デカフェ(430mlペットボトル)を、神奈川や東京など1都3県で10月26日から発売予定。いずれの商品も、花をモチーフにした園芸博推進ロゴマークがあしらわれている。

 発売について山中竹春市長は「キャンペーンを通じて、ぜひ多くの方に『幸せを創る明日の風景』をテーマとした横浜国際園芸博覧会を知っていただき、27年の開催に向けて応援していただければ」とコメントした。

 同グループの担当者は「創業地である横浜で開催される国際園芸博覧会への応援を通して、横浜の更なる魅力向上に貢献したい」と話していた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

七草がゆで無病息災

七草がゆで無病息災 文化

馬場花木園 お正月の設えも

1月13日号

新曲披露ライブ

区内在住・歌手松本あゆみさん

新曲披露ライブ 文化

サルビアで2月27日

1月13日号

区民ら300人、新年祝う

区民ら300人、新年祝う 社会

区賀詞交、出初が合同開催

1月13日号

ことばや言語を考える

ことばや言語を考える 文化

区役所で読書講演会

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

入船公園でどんと焼き

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook