鶴見区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

「大切な資産を守るため」 神奈川銀行に聞く

社会

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena
同店の横田隼志支店長と笠木さん
同店の横田隼志支店長と笠木さん

 区内各金融機関などでは防止策を徹底している。神奈川銀行末吉支店でも、窓口での会話を大切にし、行員全員で詐欺に対する感度を上げるよう心掛けている。

 高齢の方の高額引き出しの場合や、振込先が個人名などの場合は特に注意を払い、使用目的などを尋ねるようにしているが、「自分のお金だから自由にさせてほしい」と怒られてしまうこともあると同店窓口の笠木真弓さん。それでも譲れないのは「お客様の大切な資産を守りたい」という思いがあるからだ。新人にも詐欺対策の研修会を開き、全員で気を配れるように努めている。

息子と信じ、200万

 同店では、実際に詐欺を防いだケースもあった。今年5月、同店に90代男性が訪れた。「定期預金を解約したい。200万円が必要」と話し、笠木さんが理由を尋ねるも「あまり言いたくない」という。

 「普段からしっかりしてらっしゃるなのですが、その日は少し様子がおかしいなと思って」と笠木さん。

 応接室に場所を変えて話を聞くと「お金は息子に貸す。今こっちに向かっている」と答えたため、一緒に来るように伝えた。

 しばらくして男性はまた一人で銀行へ訪れ、「息子はまだ会社にいて来られない」などとしたため、警察に通報。実際の息子に電話をかけて詐欺が判明した。男性は完全に息子だと信じ、助けたい一心だったという。

 「振り込んでしまってからでは遅い。なんとか食い止めたい」と同店。日々、水際で見えざる犯人と戦う。

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見川一斉清掃に100人

鶴見川一斉清掃に100人 社会

桜緑化委員会ら有志集う

12月2日号

福祉用具無料で体験

「防センジャー」から出題

市民防災センター

「防センジャー」から出題 社会

6問答えて商品ゲット

12月2日号

3代目「まもり」就役

横浜市消防艇

3代目「まもり」就役 社会

最新鋭の設備搭載

12月2日号

パンフ掲載店を募集

#うちメシ応援プロジェクト

パンフ掲載店を募集 文化

9日まで

12月2日号

食事券が販売再開

Go To Eat

食事券が販売再開 経済

コンビニやLINEで

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook