鶴見区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

献血と骨髄、初の合同会 鶴見西LC 赤十字らと連携

社会

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena
クラブ会員らが呼びかけた会場
クラブ会員らが呼びかけた会場

 区内を中心に奉仕活動を行う横浜鶴見西ライオンズクラブ(向後満会長)が10月2日、日本赤十字社神奈川県赤十字血液センターと協力し、鶴見駅西口で献血活動を行った。この日は、神奈川骨髄移植を考える会(BMT神奈川)とも連携。初めて献血と合同で骨髄バンクのドナー登録も実施した。

 献血は、毎年夏に「チャリティーほおずき市」などを行う同クラブが奉仕活動の柱として進める取組の一つ。コロナ禍でイベントが無くなるなどしたこともあり、献血活動を強化。2カ月に一度ほどのペースで開いてきた。

 骨髄バンクとの連携は、日赤からの提案に同クラブが賛同して実現した。BMTの村上忠雄会長は、「献血とドナー登録は親和性が高く、意識のある方も多いのでスムーズに案内できる。本当にありがたい」と歓迎。また、骨髄バンクのみの登録会の場合、個別に医師や看護師の派遣を依頼する必要があるとし、「医師らが常駐する献血と並行するメリットは大きい」と話した。

 「献血もドナーも常に必要なもの。流行ではなく、今後も続けていきたい」と向後会長。当日は58人が来場し、献血可能だった46人から1万8200ミリリットルを採血。ドナー登録は8人だった。

鶴見区版のローカルニュース最新6

青春歌謡コンサート

ピアノと言葉で世界旅行

ピアノと言葉で世界旅行 文化

寺尾地区センでコンサート

11月25日号

潮田の歴史探訪

潮田の歴史探訪 文化

地区センで12月

11月25日号

ペタンクに80人

ペタンクに80人 スポーツ

区老連がスポーツ大会

11月25日号

区内ゆかりの書を堪能

区内ゆかりの書を堪能 文化

鶴見書人会が展示

11月25日号

生麦、岸谷商店街で周遊企画

生麦、岸谷商店街で周遊企画 文化

スタンプラリーに持ち帰りグルメ

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook