鶴見区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

横浜市 依存症対策の計画策定 横の連携で早期支援へ

社会

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は政令市では初めてとなる「依存症対策地域支援計画」を10月に策定した。予防・発見・回復の段階に応じて、力を入れるべき施策を定めている。

 同計画は依存症対策事業に関する国の実施要綱に基づき、アルコール・薬物・ギャンブルの3つの依存をメインに、行政や民間団体などが行う支援の方向性を示している。計画期間は2025年度までの5年間。市内の医療関係者や民間支援団体らの意見も取り入れられている。

 計画は依存症を誰もが成り得て適切な支援で回復できるものと捉え、本人や家族等の困難軽減や暮らしの改善に向け〈予防・普及啓発〉〈早期発見・早期支援〉〈回復支援〉の3段階に沿う「正しい理解の普及」「専門的な回復支援」など6つの重点施策を設ける。

 中でも力を入れるのが、地域ケアプラザや一般の医療機関、学校といった身近な支援者等から専門的な依存症支援につなげる取組みだ。

 横浜市の担当者は「医療機関の受診や債務相談の背景に依存症が隠れているケースもある。いかに早く周囲が気付き、専門的な相談や支援につなげられるかが大事」と話す。昨年6月には関係機関の代表者からなる連携会議が発足し、現在は支援のためのガイドライン作成に取り組む。

 同計画の中では研究機関や市の調査による推計値として、市内のアルコール依存症生涯経験者を約1万5千人、薬物使用の生涯経験者を約5万9千人、生涯でギャンブル依存が疑われる人を約7万人としている。市は依存症関連の相談窓口を中区の「こころの健康相談センター(【電話】045・671・4408)」や各区役所に設けており、昨年度はセンターに1013件、区役所に3127件の相談があった。

「孤立化させない」

 市内には3つの専門医療機関と16の回復支援施設、10の自助グループがある。南区の回復支援施設、横浜ダルク・ケア・センターの山田貴志施設長は「孤立化させない動きが大切。医療・事業所・行政が連携するという意味では支援計画や連携会議の存在は有効だと思う」と話した。

鶴見区版のトップニュース最新6

企業と共同 商品デザイン

東高校サス研

企業と共同 商品デザイン 教育

「SDGs身近に感じて」

1月27日号

市から「予報」発信なし

トンガ噴火津波情報

市から「予報」発信なし 社会

防災Eメールの対象外

1月27日号

マイナンバー申請お手伝い

鶴見区

マイナンバー申請お手伝い 社会

写真も撮影 その場で完了

1月20日号

南関東制し全国へ

鶴見タグラグビー

南関東制し全国へ スポーツ

得失点差で初切符

1月20日号

市内2番目の多さ

鶴見区内火災件数

市内2番目の多さ 社会

昨年速報値、「冬本番で警戒」

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook