鶴見区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

「まちの案内人」養成講座 試験的にオンライン開催

教育

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
オンライン上で解説する大野社長
オンライン上で解説する大野社長

 横浜商科大学が主催し、実行委員会形式で鶴見の観光振興を担う人材の育成を目指す「鶴見コンシェルジュ養成講座」が11月11日に始まった。

 この講座は、2018年からスタート。当初から鶴見区文化協会、鶴見みどころガイドの会、鶴見歴史の会が協力し、区内に点在する歴史や文化などを発信する講座を開催してきた。

 例年60〜70人の参加があった人気企画だが、昨年はコロナ禍で中止となっていた。今年は初のオンライン講座を実験的に開催。一般参加はなくし、学生や招待者のみに限定した。

 講座の皮切りとなった11日は、東宝タクシー株式会社の大野慶太代表取締役社長が登壇した。テーマは「タクシー会社から見た鶴見」。

 大野社長は鶴見を北西部の丘、北東部の川、湾岸部の海のまちの3つに分類し、それぞれの特性を説明。例えば、丘のまちにはバス停まで300m離れている場所が点在しており、大型商業施設までの距離があることから買い物難民も発生している現状を説明した。そのほか、区内のスポットをタクシーで巡る観光商品の紹介などもあった。

 今後は1月まで各専門家などが登壇し、講座が続いていく。

鶴見区版のローカルニュース最新6

プロに教わる書き初め

新鶴見小

プロに教わる書き初め 文化

地域の書家が指導

1月20日号

おみくじガチャ 吉凶動画で

おみくじガチャ 吉凶動画で 文化

宝泉寺 お守りなどレア品も

1月20日号

書き初めで気持ち新たに

STARTBASE Q

書き初めで気持ち新たに 文化

自由な書を楽しむ

1月20日号

素数の魅力1冊に

素数の魅力1冊に 教育

読者プレゼント

1月20日号

ご利益求め、福めぐり

ご利益求め、福めぐり 文化

七福神 初春のにぎわい

1月20日号

独自技法で描く横浜

独自技法で描く横浜 文化

郷右近健二さんが絵画展

1月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook