鶴見区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

ふるさと寺尾実行委員会 白幡神社、地域で支えて 清掃・焼き芋企画に80人超

コミュニティ文化

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
境内を近隣住民で清掃した
境内を近隣住民で清掃した

 東寺尾周辺の自治会や寺尾小学校おやじの会などからなる「ふるさと寺尾実行委員会」が11月13日、白幡神社で境内清掃や焼き芋のイベントを行った。これまで整備がままならなかった神社を地域ぐるみで綺麗にしようという取組。関係者は「昔から地域で守ってきた神社。みんなで綺麗にしたい」と話す。

 白幡神社は、宮司が不在で神事などは東神奈川にある熊野神社の宮司が行う。自治会の会長などからなる奉賛会が主体となり行事などを行い、神社に住む管理人の久保夫妻が境内の清掃や参拝者の案内をする地域に支えられた神社だ。

 境内に多数生える木の整備が必要だが、奉賛会の会員の高齢化もあり、業者への依頼などで年間百万円ほどを見込んでいた。しかし、神社の収益はほとんどが駐車場の管理費や地域の寄付などで成り立つため、苦しい状況があった。そこで、久保夫妻が「地域の方の力を借りてみんなで綺麗にできないか」と、実行委員会や奉賛会に協力を依頼し、今回の企画が実現した。

広がり生まれ

 当日は、境内清掃の後に、焼き芋やどんぐりを使ったクラフト企画を用意。定員の80人を超えた申し込みが殺到し、20人ほど断ったという人気ぶりだった。

 さらに、交流のあった上寺尾小学校おやじの会がキャンプファイヤーのイベントを学校で行うことから境内の木を伐採。切った木材はイベントに活用されることになった。そのほか、企画を知り、造園の専門家が手伝いに来るなど、様々な広がりが生まれたという。

 実行委員会の小峯宏秋代表は、「イベント時などにお世話になっている神社。断るわけにはいかない。今後は季節ごとに開催していけるといい」と展望を話す。

 管理人の久保けさよさんは「本当に助かった。整備されることで何より子どもたちが安全に遊ぶことができる。人の力はすごい。神社は敷居の高いと思われがちだが、こういったきっかけで馴染みができると嬉しい」と感謝した。

焼き芋やどんぐりクラフトを楽しんだ
焼き芋やどんぐりクラフトを楽しんだ

鶴見区版のトップニュース最新6

児童が「下小音頭」を制作

下末吉小学校

児童が「下小音頭」を制作 教育

地域と繋がり復活目指し

8月11日号

女子中学生の継続後押し

横浜サッカー協会

女子中学生の継続後押し スポーツ

リーグ2年目 人口底上げへ

8月11日号

9年ぶり全国の舞台へ

鶴見リトルシニア

9年ぶり全国の舞台へ スポーツ

強豪下し、推薦勝ち取る

8月4日号

個別避難計画 作成進まず

災害時要援護者

個別避難計画 作成進まず 社会

市、福祉と連携し整備急ぐ

8月4日号

難民の子どもたちに服を

生麦小

難民の子どもたちに服を 教育

児童が寄付呼びかけ

7月28日号

不登校児の学習支援 拡充

横浜市

不登校児の学習支援 拡充 教育

オンライン教材を活用

7月28日号

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook