鶴見区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

つくの商店街に「こども食堂」 喫茶ラズベリーが19日から

社会

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena
高内夫妻と看板犬のかえで
高内夫妻と看板犬のかえで

 「おじいちゃんおばあちゃんの家みたいに、温かい場所を」――。レアールつくの商店街の喫茶ラズベリーが12月19日、同店で「かえでこども食堂」をオープンする。同店を営む高内夫妻は「特別じゃなくて、気軽に来られるところにしたい」と話し、開設の準備を進めている。

 鶴見駅の東口でスナックを営んでいた高内左枝子さん=人物風土記で紹介=と、今も居酒屋を経営している満さん。縁あって35年以上続いていたラズベリーを今年の2月に受け継いだ。

 離婚経験のある左枝子さんは、子どもに辛い思いをさせたのではという思いやコロナ禍で殺伐とした雰囲気を感じていたことからこども食堂の開催を考えており、知り合いなどの協力も得て今回、初めてオープンすることとなった。左枝子さんは「チラシを作ってくれたり、周りの人が協力してくれて有難い。人に恵まれた」と感謝し、「見栄を張らずにできる範囲でまずは試してみたい」とする。

月一回定期的に

 ラズベリーの看板犬から名前をとった「かえでこども食堂」。開催は毎月一回を予定している。19日は、午後4時から6時。メニューはカレーライスとデザート。料金はこども100円、大人300円。定員20人。あみだゲームなども用意し、クリスマス会も同時開催する。事前予約制。アレルギーなどがある際は申告が必要。高内夫妻は「開催してあげるのではなくて、逆にパワーをもらうはず。みんなで和気あいあいできるといい」と期待を込める。申込、問い合わせは【電話】045・582・9218

鶴見区版のトップニュース最新6

子育ての悩みに寄り添う

子育ての悩みに寄り添う 社会

民間の相談施設が開所

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 経済

事業所にセミナーと研修

5月12日号

ちむどん切手を発売

日本郵便(株)南関東支社

ちむどん切手を発売 文化

市内133局で限定販売

5月5日号

江ヶ崎でマルシェ初開催

江ヶ崎でマルシェ初開催 社会

「地域活性化の一助に」

5月5日号

ツイッターで自衛意識を

鶴見警察署

ツイッターで自衛意識を 社会

タイムリーに情報発信

4月28日号

高齢運転者支援を拡大

県免許センター

高齢運転者支援を拡大 社会

改正道路交通法に対応

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook