鶴見区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

市政報告 横浜市内で5か所目児童相談所が鶴見区に新設へ 日本共産党横浜市会議員 古谷(ふるや) やすひこ

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

 横浜での児童虐待対応件数は右肩上がりで増え続けており、昨年度は12000件を超え、5年間でおおよそ倍に増えています。そのため、市内4か所ある児童相談所だけの対応では到底追いつかず、区役所でも多くの対応をしています。また児童虐待が発生して緊急に児童を保護する施設としての一時保護所も足りていません。

 そんな状況を改善するために、私たち日本共産党の横浜市会議員団として、毎年の予算要望の際に、児童相談体制の拡充と児童相談所の増設を求めてきました。それがようやく来年度には、横浜市内5か所目となる新たな児童相談所が、鶴見区に設置される方向性が示されました(※これから予算審議が行われるので決定ではありません)。

 しかし現在の児童虐待の状況は深刻ですし、また対応する側も大変なマンパワー不足です。それもそのはずで、今年の7月に国が示した基準によれば、児童相談所1か所あたりの管轄人口が50万人以下とすると示されましたが、370万人を超える人口を抱える横浜で児童相談所は4か所しかないわけですから、その基準からみればまだ足りていません。

 子どもたちのためにもさらに整備が進むように求めたいと思いますし、人材確保や育成のための手立ても必要です。

 子育て環境をめぐる問題や学校や横浜市教育委員会に対するご相談事・ご意見などもありましたら、メール(contact@furuya-yasuhiko.com)で古谷宛てにお寄せください。必ず返信差し上げます。

日本共産党横浜市会議員 古谷やすひこ

横浜市鶴見区矢向1-20-50

TEL:045-504-5121

http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

新成人の飛躍に期待込めて

市政報告太'sレポート 122

新成人の飛躍に期待込めて

横浜市会議員 公明党 尾崎太

1月27日号

未来のために、人への投資を

県政レポートNo.7

未来のために、人への投資を

神奈川県議会議員 ためや 義隆

1月13日号

ロボットの社会実装提言の新事業が形に

県政報告ひでしの「実績で勝負」64

ロボットの社会実装提言の新事業が形に

公明党 鈴木 ひでし

1月6日号

覚悟を持ち、希望を取り戻す

令和3年の振り返りと今後の取り組み 市政報告みちよレポ【14】

覚悟を持ち、希望を取り戻す

横浜市会議員(自民党)東みちよ

1月1日号

万全の体制で3回目接種を

市政報告太'sレポート 121

万全の体制で3回目接種を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

1月1日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook