鶴見区版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

矢向で震災支援のオーガニックコットンプロジェクトを行う 小林 五十生(いそお)さん 尻手在住 71歳

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena

被災地を思い続けて

 ○…東日本大震災で風評被害を受けた福島県いわき市にオーガニックコットンを贈る取り組みを矢向地区で2014年から毎年続けてきた。初めは取組に賛同した人が鉢で育てるだけだったが、今では町のはらっぱや自宅の畑で育てる人もおり、年々収穫量は増えている。「色々な人が協力してくれた。収穫を楽しんでくれている姿も見る」と笑顔を見せる。

 ○…東京都出身。長年印刷会社に勤めてきたが、50前半でセミリタイア。「これまで会社人間だった。少し時間ができたから、社会の役に立つことをしたいと思って」。震災が起き、すぐには現地に行く勇気がなかった。初めて仙台の地を踏んだのはその年の8月。「ショックだった。発生から5カ月経っても瓦礫の山だった。逆に海には何にもなくて」。休日を使って何度も被災地へ通った。震災後、耕作放棄地が増えたいわき市で行われていたコットンプロジェクトを知り、現地の人と一緒に畑で栽培した。被災地に行けなくても支援ができるようにと、活動を地元にも地道に広めてきた。

 ○…妻と二人暮らし。10代から続けている趣味は花の撮影。昔は夜行列車に乗って全国を回った。感動し、今でも覚えているのは北海道滝山町の芝桜。歩くことも好きで、五街道は全て制覇。区内では鶴見川沿いをよく散歩している。「やっぱり気持ちいいね」。

 ○…忘れられないのは被災地で通りすがりの子どもたちが頭を下げてお礼をしてくれたこと。「自己満足だと思うけど、やっぱり嬉しかった。行くたびに良くなる被災地をみるのも」。次第に復興は進んできているが、届くのは「忘れないでいてくれることが嬉しい」という声。「これからも何かしらの形で支援は続けたい」

鶴見区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

渋谷 治雄さん

4月から鶴見区長に就任した

渋谷 治雄さん

横浜市内在住 56歳

4月28日号

鈴木 真治さん

ムエタイのスーパーライト級で初の日本王座を獲得した

鈴木 真治さん

小野町在勤 36歳

4月14日号

片山 真さん

鶴見警察署の署長に就任した

片山 真さん

区内在住 59歳

4月7日号

勝呂 ちひろさん

(一社)Omoshiroの代表理事を務める

勝呂 ちひろさん

本町通在勤 40歳

3月31日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

3月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook