鶴見区版 掲載号:2022年1月6日号 エリアトップへ

鶴見タグラグビー 南関東へ初出場 全国かけ一丸

スポーツ

掲載号:2022年1月6日号

  • LINE
  • hatena
準優勝を果たした鶴見鳳凰
準優勝を果たした鶴見鳳凰

 鶴見小学校を拠点に活動する鶴見タグラグビークラブのトップチーム「鶴見鳳凰」が、先ごろ行われた第18回全国小学生タグラグビー大会神奈川県予選で準優勝に輝き、1月10日、相模原ギオンフィールドで予定されている南関東ブロック大会への出場権を手にした。「優勝で全国大会へ」と子どもたちは意気込んでいる。

 タグラグビーは、タックルの代わりに相手選手の腰に付けたタグをとるラグビー。身体接触や地面に倒れるプレーが少ないのが特徴だ。

 鶴見タグラグビークラブは、鶴見小学校の児童54人が所属。2018年に発足し、今年は夏、秋、冬の県大会を制し、今大会でも準優勝。上位2チームが出場権を得る南関東ブロック大会への出場を決めた。昨年の同大会も準優勝で南関東へ出場予定だったが、新型コロナの影響で大会が中止となっていた。

悔し涙糧に

 「全国優勝」を目標に一年間をスタートした同チーム。県予選では、初戦こそ辛勝だったものの、準決勝までには自分たちのリズムを取り戻し決勝まで駒を進めた。

 対戦相手は、前回大会優勝の横浜日野タグラグビークラブ。前後半を終え3対3の同点で決着がつかず、サドンデスの末、3対4で惜敗。全員が悔し涙を流した。

  キャプテンの福川右衣斗さんは「南関東出場は嬉しい。今度こそ日野に勝って、ブロック優勝したい」とし、副キャプテンの佐々木音緒さんは「決勝の敗戦を無駄にしないように、全員が笑って終われるようにがんばりたい」と意気込む。

 同校教諭でクラブの代表を務める久島拓也さんは「選手たちのたゆまぬ努力と保護者や地域の方々の手厚いサポートのおかげ。全国へ向け、チーム一丸で楽しみたい」と話している。

 なお、同予選でセカンドチームの鶴見孔雀が3位入賞を果たしている。

※新型コロナの影響で大会中止の可能性あり

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

ヘアドネーションに挑戦

東寺尾北台在住松本さん

ヘアドネーションに挑戦 社会

55歳男性が2年かけ寄付

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

子育ての悩みに寄り添う

子育ての悩みに寄り添う 社会

民間の相談施設が開所

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 経済

事業所にセミナーと研修

5月12日号

ちむどん切手を発売

日本郵便(株)南関東支社

ちむどん切手を発売 文化

市内133局で限定販売

5月5日号

江ヶ崎でマルシェ初開催

江ヶ崎でマルシェ初開催 コミュニティ社会

「地域活性化の一助に」

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook