鶴見区版 掲載号:2022年1月13日号 エリアトップへ

鶴見区内火災件数 市内2番目の多さ 昨年速報値、「冬本番で警戒」

社会

掲載号:2022年1月13日号

  • LINE
  • hatena

 鶴見区内で昨年一年間に発生した火災・救急発生状況(速報値)がまとまり、大幅減となった一昨年から一転、火災が昨年比5件増、死者も1人増えるなどしたことがわかった。乾燥が続く冬本番の中、「広報を強めたい」と鶴見消防署は話している。

 2018年から2年連続で市内ワーストを記録するなど、火災件数の多い鶴見区。昨年の発生件数は54件で、市内で最も減少した一昨年から5件増となった。死者は1人増え、2人だった。

 市内18区別にみると、中区の83件に続く2番目の多さとなっている。最少は栄区の16件で、市内全体では一昨年比71件増の695件だった。

失火、依然多く

 主な原因別では、「たばこ」11件(昨年比2件減)、「こんろ」11件(同5件増)、疑いを含む「放火」10件(同7件増)。鶴見消防署は、失火といわれる「たばこ」「コンロ」による火災が増えていることを受け、「一層の火災予防が必要と考える。注意する意識を持ってもらえれば」と話す。

 また、「電気機器」による火災は3件減っているものの、寒い時期を踏まえ、「ストーブを中心とした暖房器具からの出火についても注意喚起していく」と同署。設置義務から交換目安となる10年が経過する住宅用火災警報器の設置・点検についても、呼びかけを強化していくという。

救急出場も増加

 区内の救急発生件数は、1万5123件で一昨年比880件増。港北、中に次いで3番目の多さだった。

 市内全体では、12年ぶりに減少した一昨年から再び増加に転じ、9788件増の20万4427件。1日あたりの出場数は560回で、2分34秒に1回出場し、18人に1人が利用している計算になるという。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

ヘアドネーションに挑戦

東寺尾北台在住松本さん

ヘアドネーションに挑戦 社会

55歳男性が2年かけ寄付

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

子育ての悩みに寄り添う

子育ての悩みに寄り添う 社会

民間の相談施設が開所

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 経済

事業所にセミナーと研修

5月12日号

ちむどん切手を発売

日本郵便(株)南関東支社

ちむどん切手を発売 文化

市内133局で限定販売

5月5日号

江ヶ崎でマルシェ初開催

江ヶ崎でマルシェ初開催 コミュニティ社会

「地域活性化の一助に」

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook