鶴見区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

鶴見タグラグビー 南関東制し全国へ 得失点差で初切符

スポーツ

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
南関東を制し全国大会に出場する鶴見鳳凰のメンバーら
南関東を制し全国大会に出場する鶴見鳳凰のメンバーら

 鶴見小学校を拠点に活動する鶴見タグラグビークラブのトップチーム「鶴見鳳凰」が、1月10日に相模原で行われた第18回全国小学生タグラグビー大会南関東ブロック大会で優勝し、全国への切符を手にした。同チームの全国出場は初めて。「精一杯楽しんで、優勝を目指したい」とメンバーらは力を込める。

 タグラグビーは、選手が腰につける「タグ」をとることでタックルの代わりとし、身体接触や地面に倒れるプレーを少なくしたラグビー。

 鶴見タグラグビークラブは2018年に創立。現在、鶴見小学校の児童54人が所属している。

 12月に行われた県予選を準優勝で突破し、南関東への挑戦権を得ていた同チーム。前回も準優勝ながら、コロナ拡大で大会が中止となったため、2年越しの悲願だった。

3県の代表頂点競う

 南関東は、神奈川県、山梨県、長野県の3県から、予選を勝ち抜いた2校ずつが出場。オミクロン株の急拡大などを受け、直前に長野県代表が辞退するなどしたが、4チームの総当たり戦で全国への出場権を争った。

 試合は、最大のライバルと目されていた神奈川県予選優勝の横浜日野タグラグビークラブ「暁」と引き分けたものの、山梨代表の2チームを撃破。得失点差で暁を上回り、南関東ブロック第一代表の座を勝ち取った。

 メンバーはこれまで必死に練習してきたことに触れ、「みんなの努力の証」と喜ぶ。また、「周囲のサポートのおかげ」とし、チームメンバーや保護者の支えに感謝の気持ちを示した。

 全国大会は2月12日に東京都調布市で開催予定。全国1200チームの頂点を決める。

 7人のメンバーは全員6年生のため、最後の公式戦。「いつも通り仲間を信じ、笑って終わりたい」とし、優勝を目指すと声を揃えた。

鶴見区版のトップニュース最新6

県民功労者に区内2人

県民功労者に区内2人 社会

地域医療、伝統芸能で貢献

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

防災、多文化推進に重点

防災、多文化推進に重点 経済

鶴見区 運営方針を公表

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

「発祥の地」石碑を設置

蛇も蚊も本宮地区

「発祥の地」石碑を設置 文化

原地区も3年ぶり開催

6月9日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月9日号

東宝タクシー株式会社

鶴見で働く、鶴見で生きる

http://www.toho-recruit.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook