鶴見区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

鶴見区 マイナンバー申請お手伝い 写真も撮影 その場で完了

社会

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
その場で撮影するスタッフ〈鶴見区提供〉
その場で撮影するスタッフ〈鶴見区提供〉

 鶴見区役所で昨年から定期的に行われているマイナンバーカード申請のサポートブースが盛況となっている。写真も撮影し、その場で申請が可能。11月から5回開設され、170人以上が利用している。新型コロナ急拡大で2月以降は未定というが、1月はあす21日と28日に予定されており、「申請方法がわからない方は活用を」と区は呼びかける。

 区役所のサポートブースは、市が設置する新規交付の特設センターが職員を派遣する形で協力。区庁舎1階の区民ホールが開設場所として確保できたことから、派遣を受け入れる形で実施にいたった。区によると、現在、ブースを設置してイベント的に申請をサポートしているのは鶴見区のみという。

50人以上対応可能

 マイナンバーカードの申請は、通知カードに同封されていた申請書に必要事項を記入し、地方公共団体情報システム機構に送付。受理後の交付は区役所などで行われる流れだ。

 今回のサポートブースでは、申請書記入の手伝い、写真撮影ができるうえ、送付用の封筒も用意。紛失した人向けに申請書もあるので、マイナンバーが記載された通知カードのみ持参すれば、当日その場で申請が可能となっている。

 また、通知カードを紛失した場合でも区役所で当日再申請ができるため、「何もない状態でも申請できる」とする。

 利用は無料で所要時間は一人15分程度。いずれも午後2時から5時までの3時間開設される。

 特定の時間に集中しなければ1日に50人以上は対応可能で、午後4時ごろからの時間帯が比較的空いている状況という。

ナンバー入り住民票きょうから拡大

 マイナンバーカードを利用した市導入のサービスとして、「転出届」「住民票」「税証明」などのオンライン申請があり、住民票はきょう20日から、コンビニでマイナンバーの入った書類を取得可能となった。

 区は、申請もスマートフォンなどのオンラインが主流になっているとしたうえで、「デジタル機器が苦手な方など、対面が良い方も多い。誰かが教えてくれるなら申請したいという方はぜひ来庁を」と話す。

 混雑時は待ち時間発生また希望者多数の場合は受付不可の場合あり。問い合わせは、市マイナンバーカード専用ダイヤル【電話】0120・321・590。

鶴見区版のトップニュース最新6

他公共施設の5倍の利用

横浜市EV公道充電器

他公共施設の5倍の利用 経済

実験1年、月平均259回に

6月30日号

災害時の子ども守る一冊

(一社)保育の寺子屋藤實さん

災害時の子ども守る一冊 社会

元消防職員 ハンドブック作成

6月30日号

県民功労者に区内2人

県民功労者に区内2人 社会

地域医療、伝統芸能で貢献

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

防災、多文化推進に重点

防災、多文化推進に重点 経済

鶴見区 運営方針を公表

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook