鶴見区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

橘学苑高宮川さん デフテニス日本代表に内定 5月本番 「活躍し広めたい」

スポーツ

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena
初代表での活躍を誓う宮川さん(本人提供)
初代表での活躍を誓う宮川さん(本人提供)

 聴覚障害のある「ろう者」のオリンピックであるデフリンピック。その競技の一つ、デフテニスの日本代表に、橘学苑高校=獅子ヶ谷=の硬式テニス部3年・宮川百合亜さん=人物風土記で紹介=が内定した。「メダル獲得が目標」。見つめる先にある、自身の活躍でデフテニスを広めたいという思い。5月の本番に向け、練習に励む日々を送っている。

 「耳の不自由な」という意味である「デフ(deaf)」を冠したデフリンピックは、身体障害者によるパラリンピックとは異なり、ろう者のみが出場する大会。国際ろう者スポーツ委員会が運営し、4年に一度開かれている。

 昨年12月にブラジルで開催予定だったが、新型コロナの影響で5月に延期となっている。

かすかな打球音

 3歳のときに聴覚障害が発覚して以降、補聴器をつけた生活を送る宮川さん。裸耳で聴力損失が55デシベルを超えるという参加資格がある中、「ほかの人より聞こえていてギリギリ」というが、打球音がかすかに聞こえる程度だ。

 11月の代表選考試合は入試の関係で出場できなかったが、一般の大会での成績も考慮され、今回の選出にいたった。

感覚養う練習

 ルールは通常のテニスと変わらないが、デフリンピックでは会場に入った時点から補聴器などの装着が禁止されている。

 現在は慣れるため、試合時は外すなど工夫。「目で見て追うので反応速度が遅れる」とし、感覚のスイッチを切り替える練習を積む。

 得意なプレーはフォアハンドのストローク。強打が持ち味で、ネットプレーもこなす。出場予定はシングルスとダブルス。「出るからにはメダルを獲りたい」。一番いい色が目標だ。

大きな自信担う発信役

 1924年、世界初の障害者スポーツ大会として始まったデフリンピック。独創性追求を目的に、国際パラリンピック委員会には属していないため、ろう者はパラリンピックに出場できない状況が続いている。

出会いは2年前

 宮川さんが活躍を目ざす理由には、デフテニスを広めたいという思いがある。

 家族の影響で3歳で始めたテニス。実は橘学苑入学後の2年前までデフを知らなかった。1年生の夏に出場した関東大会で、補聴器をつけた選手と対戦。試合後に話しかけられ存在を知った。補聴器をつけた選手と戦ったのは初めてだった。

 「デフって何?から説明する。知っている人の方が少ない」。代表に内定したことで得た自信は大きい。「知っていれば諦めなくていい人もいたと思う」。日の丸だけでなく、伝える役割も担ったと感じている。

 そのためには活躍することが重要だ。「デフはもちろん、一般の大会でも活躍して、発信したい」。自身の体験を通じ、この世界を広めるために、まずは5月に照準を合わせる。

週6日の練習をこなす
週6日の練習をこなす

鶴見区版のローカルニュース最新6

横浜市役所で申請支援

マイナンバーカード

横浜市役所で申請支援 社会

無料の顔写真撮影も

6月30日号

ふるさと納税を学ぶ

ふるさと納税を学ぶ 社会

鶴見中央でセミナー

6月30日号

還付金詐欺を未然に防止

還付金詐欺を未然に防止 社会

矢向郵便局へ感謝状

6月30日号

新幹線望む崎陽軒ルーム

新幹線望む崎陽軒ルーム 経済

ホテルアソシア新横浜に

6月30日号

市役所で公開1次審査

まち普請

市役所で公開1次審査 社会

傍聴可、生配信も

6月30日号

80周年式典 1000人集う

学校法人 武相学園

80周年式典 1000人集う 教育

6月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook