鶴見区版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

防災、多文化推進に重点 鶴見区 運営方針を公表

経済

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena

 鶴見区(渋谷治雄区長)が今年度の事業計画などをまとめた「区運営方針」をこのほど発表した。「いつまでも住み続けたいまち・鶴見」を基本目標とし、防災活動や多文化のまち・つるみの推進などを重点事業に掲げ、様々な施策を展開していく。

 今年度は「地域力の強化」「区内経済・活力の向上」「子どもから大人まで安心・元気に」「区民サービスの向上」の4体系を軸に、目標に向けた施策を推進する。

 重点事業に掲げるのは防災活動と多文化の推進、保育所事業の3つ。

 防災活動では、地域防災拠点の運営力強化を拡充事業として実施。新型コロナ感染拡大防止の備品を含め、庫内のスペースが逼迫する拠点備蓄庫の課題を解決するため、区内に追加備蓄スペースを確保。災害時には各拠点に提供できるようにする。また、電柱への掲示や看板を使い、水害時の浸水想定などを啓発してきた「まるごとまちごとハザードマップ」の一部を更新。区民への更なる周知を目指す。

 「多文化のまち・つるみ推進」では、新規事業として区内在住外国人の日常生活における困りごとなどに関する意識調査を実施。昨年度実施した外国人数基礎調査と併せて区内在住外国人の実情を知り、今後の取組みや支援に活かしていく。

 そして、保育所事業では、外国につながる保護者向け出張相談会等の入所支援を新規に実施。国際交流ラウンジと連携し、年間10回程度の開催を予定する。また、コロナ禍でも保育所選択の利便性を高めるため、区内保育所の園内を紹介する動画を新たに作成する。

自治会のICT活用支援も

 その他にも、自治会町内会振興事業では、ICT活用を目的としたコンサルタント派遣や、機器導入経費等の一部を補助。HPやSNSを活用して、課題解決や地域活動の促進に役立ててもらおうというものだ。

 また、「広げよう見守りの輪」推進事業では、市健康福祉局と連携。災害時における要援護者支援の取組みとして、個々の状況や地域の風水害想定に合わせた個別避難計画の作成や制度検証をモデル区として実施する。

 今年度の方針について区担当者は「引き続き感染症対策と合わせ、地域経済の活性化に取り組んでいきたい」と話した。

鶴見区版のトップニュース最新6

児童が「下小音頭」を制作

下末吉小学校

児童が「下小音頭」を制作 教育

地域と繋がり復活目指し

8月11日号

女子中学生の継続後押し

横浜サッカー協会

女子中学生の継続後押し スポーツ

リーグ2年目 人口底上げへ

8月11日号

9年ぶり全国の舞台へ

鶴見リトルシニア

9年ぶり全国の舞台へ スポーツ

強豪下し、推薦勝ち取る

8月4日号

個別避難計画 作成進まず

災害時要援護者

個別避難計画 作成進まず 社会

市、福祉と連携し整備急ぐ

8月4日号

難民の子どもたちに服を

生麦小

難民の子どもたちに服を 教育

児童が寄付呼びかけ

7月28日号

不登校児の学習支援 拡充

横浜市

不登校児の学習支援 拡充 教育

オンライン教材を活用

7月28日号

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook