鶴見区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

つるみ背守り会で土台となるさらしの台紙を長年作り続ける 大谷 千惠子さん 豊岡町在住 86歳

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena

心込め、やさしく見守る

 ○…子どもの健康を願い、魔除けとして肌着の背に付ける「背守り」。さらしの台紙に、色とりどりの糸で刺繍を縫って、区内の出産家庭へ送る「つるみ背守り会」が発足して4年ほど。毎月30枚、台紙を欠かすことなく作り続ける。「責任感がある。やると決めたら、心を入れないと。心を入れるから赤ちゃんが健康に育つのよ」。言葉の節々から、優しさが溢れ出る。

 ○…東京都出身。結婚し、鶴見に来て65年。子どもが大好きで「赤ちゃんを抱きたい」と8年前、自宅近くのわっくんひろばを訪れた。沐浴布の刺繍などする孫育て講座に参加したつながりで、背守り会の活動に声がかかった。丸く切ったさらしの端を縫い、一つひとつ裏返す細かい作業に、手が痛くなったこともあった。「でも誰かに届いて、喜んでもらえるもの。嬉しいじゃない」

 ○…健康の秘訣は「食べる」を大事にしていること。夫を亡くし、長年一人暮らしだが、毎日料理を欠かさない。食材を見ると、レシピが浮かぶ。栄養バランスの良い食事を心掛け、「おかげさまで腰痛もないし足も元気よ」と笑う。「これまでは誰かのために作ってきたけれど、今は自分のためにね」。息子夫婦が訪れたり、友人らを家に招き会話を楽しむ一方で、美術館や演奏会は決まって1人で行く。「帰りたくなったら帰れるし、ゆっくり味わえる」

 ○…「休むのが嫌い」と、背守り会には欠かさず参加し、家でも隙間時間があれば針と糸でチクチクと作業を進める。「これが生きがいなの」。今では人と話していても自然と手が動く。込める思いは「これから日本を背負っていく子どもたちが、元気で育ってくれるように」。これからも優しい心で、あたたかく見守る。

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

箱崎 蒼太さん

ラクロス男子の21歳以下日本代表に選出された

箱崎 蒼太さん

神奈川大学4年 21歳

8月11日号

阿部 正隆さん

鶴見薬剤師会の会長に就任した

阿部 正隆さん

豊岡町在勤 62歳

8月4日号

山本 成寿さん

レアールつくの商店街の理事長に就任した

山本 成寿さん

佃野町在勤 57歳

7月28日号

隅田 賢一さん

(一社)横浜建設業協会鶴見区会の会長に就任した

隅田 賢一さん

平安町在勤 51歳

7月21日号

岩本 邦夫さん

4月に三ツ池公園の園長に就任した

岩本 邦夫さん

三ツ池公園在勤 66歳

7月14日号

浜野 誠司さん

鶴見区民文化センター サルビアホールの館長に新たに就任した

浜野 誠司さん

鶴見中央在勤 44歳

7月7日号

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook