鶴見区版 掲載号:2022年8月4日号 エリアトップへ

バトン日本代表 若き2選手が市長訪問 初の世界選手権出場

スポーツ

掲載号:2022年8月4日号

  • LINE
  • hatena
バトンを持つ3人。左から齋藤さん、山中市長、平田さん
バトンを持つ3人。左から齋藤さん、山中市長、平田さん

 イタリアで8月2日から行われているバトントワーリングの世界選手権に、横浜市内在住の齋藤晟さんと平田釉莉さん(ともに17歳)が初出場している。7月には市庁舎を訪れ、山中竹春市長に活躍を誓った。

 バトンの操作と器械体操の動きを音楽に組み合わせ、技術や芸術性を競う同競技。世界選手権は個人・ペア・チームの3種目があり、今回日本からは32人がイタリアへ向かった。

 港南区のバトンスタジオを拠点とする齋藤さんは、3歳から同競技を始め、小学6年生の時には国際大会での優勝経験も持つ。今回に向けては2年前に代表となっていたが、コロナ禍で開催が延期に。その間も周囲からの応援をやる気に変えながら、腕を磨いてきた。バトンを高さ約20mまで投げ上げる技「エーリアル」を武器に、各自の選曲であらゆるテクニックを用い自分を表現する「フリースタイル個人」に出場する。

 平田さんは、都筑区のバトンサークルに4歳から所属し、選手権の延期に伴い今年3月に開催された選考会に挑戦。72人で上位3人の日本代表の座を争い、3位入賞で世界への切符を手にした。肘を使ってバトンを空中に飛ばす「ポップアップ」を得意技とし、同じくフリースタイル個人への出場となる。

 齋藤さんは「金メダルを日本に持って帰れれば」と話し、平田さんは「練習の成果を発揮できるよう、一生懸命頑張りたい」と意気込みを語った。

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

寸劇参考に特殊詐欺防止

寸劇参考に特殊詐欺防止 社会

2組に感謝状贈呈

8月11日号

「横浜BUNTAI 」が名称に

横浜文体再整備事業

「横浜BUNTAI 」が名称に スポーツ

優先予約の受付開始

8月11日号

音楽で子どもの心のケアを

音楽で子どもの心のケアを 社会

「楽しい思い出をお守りに」

8月11日号

「付添犬の普及、環境整備を」

市内のNPO

「付添犬の普及、環境整備を」 社会

本出版で議長に活動報告

8月11日号

県内の女性議員割合23%

県内の女性議員割合23% 社会

横浜市、増加傾向も20%

8月11日号

オペラの魅力楽しんで

神奈川フィル 秦野で巡回公演 10組20人招待

オペラの魅力楽しんで 文化

8月11日号

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook