鶴見区版 エリアトップへ

ローカルニュースの記事一覧

  • 食中毒に要警戒

    テイクアウト増 

    食中毒に要警戒 社会

    「早めに消費」 市が呼びかけ

     新型コロナウイルスの影響を受け、飲食店はテイクアウトなどのサービスを強化している一方、横浜市は食中毒に注意が必要と呼びかけている。 市...(続きを読む)

    8月6日号

  • 18mの連節バス運行祝う

    18mの連節バス運行祝う 社会

    ハンマーヘッドで式典

     横浜ベイエリアの新たな交通の軸として、横浜駅東口から山下ふ頭までを結ぶ連節バス「BAYSIDE BLUE」の運行が7月23日から始まった。前日の22日には、運...(続きを読む)

    8月6日号

  • 食中毒に気を付けて

    食中毒に気を付けて 社会

     新型コロナウイルスの影響を受け、飲食店はテイクアウトなどのサービスを強化している一方、横浜市は食中毒に注意が必要と呼び掛けている。 市...(続きを読む)

    8月6日号

  • 横浜武道館が開館

    【Web限定記事】横浜市

    横浜武道館が開館 社会

    市初の本格施設

     中区翁町2丁目の横浜総合高校跡地に整備が進められていた「横浜武道館」が7月24日に開館した。横浜市の公共施設として初めて本格的な武道場を備える。...(続きを読む)

    7月30日号

  • 貝殻浜の生き物で水族館

    貝殻浜の生き物で水族館 社会

    横溝屋敷 絵を描く企画も

     NPO法人鶴見川流域ネットワーキングの中の部会の一つである鶴見川貝殻浜生物調査隊が主催する「鶴見川生麦河口水族館」が7月24日、みその公園横溝屋敷=獅子ヶ谷=...(続きを読む)

    7月30日号

  • 古民家で思い出の一枚

    古民家で思い出の一枚 文化

    馬場花木園 結婚式の前撮り

     馬場花木園にある旧藤本家住宅で7月20日、結婚式の前撮りがあった。同園でこういった撮影が行われるのは初めて。 新郎新婦は、洋風の結婚式...(続きを読む)

    7月30日号

  • 万葉集の心を歌う

    万葉集の心を歌う 文化

    8月6日、サルビアホール

     万葉集を歌う歌手として横浜を中心に活動する辻友子さんが8月6日(木)、鶴見区民文化センター・サルビアホールの音楽ホールで「万葉のこころを歌う〜広島原爆忌〜防人...(続きを読む)

    7月30日号

  • 「今できることを」

    「今できることを」 スポーツ

    鶴見川漕艇場 制限と工夫

     スポーツ施設では様々な制限がありながらも、利用者が安心して活動できるように工夫を凝らしている。 一般の人も利用できる鶴見川漕艇場=元宮...(続きを読む)

    7月30日号

  • 倒れるわけにいかない

    済生会東部病院

    倒れるわけにいかない 社会

    地域医療の中核担う責務

     医師に看護師、各種専門スタッフから事務員まで、計約1700人が従事する済生会横浜市東部病院(三角隆彦院長)。現場では、徹底した感染症対策を常に更新させることで...(続きを読む)

    7月30日号

  • ”集う”葛藤も代えがたく

    230カフェ

    ”集う”葛藤も代えがたく 経済

    今、最大限の交流を探る

     念願のオープンがコロナ禍と重なった店舗では、ノウハウなどの蓄積も無い中で最善を探る日々が続く。「まちのリビング」をコンセプトに、4月1日に開業した「230(つ...(続きを読む)

    7月30日号

  • 島忠横浜店が閉店

    【Web限定記事】横浜市鶴見区

    島忠横浜店が閉店 社会

    8月末 建て替えのため

     家具なども取り扱うホームセンターの島忠横浜店=岸谷=はこのほど、店舗建て替えのため、8月30日で閉店すると発表した。...(続きを読む)

    7月23日号

  • 上位大会の開催訴え

    市内中3生保護者ら

    上位大会の開催訴え 社会

    県中体連に署名4516筆

     県内の中学3年生の保護者らで成る「神奈川県中学生の輝きの場をつくる有志の会」と「神奈川県の部活動を頑張る中学生を応援する会」がこのほど、新型コロナウイルスの影...(続きを読む)

    7月23日号

  • 大臣表彰を受賞

    区内不動産業横山さん

    大臣表彰を受賞 社会

    宅建協会の発展に寄与

     令和2年建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰が7月10日に行われ、区内不動産会社である(株)マウンテン=鶴見中央=の横山智司代表取締役が受賞した。多年にわたり...(続きを読む)

    7月23日号

  • 豪雨、義援金など募る

    豪雨、義援金など募る 社会

    文化協会、總持寺が呼びかけ

     九州地方をはじめ、全国各地に被害をおよぼしている7月豪雨を受け、鶴見区文化協会と大本山總持寺が、被災地に送るための義援金や支援物資の募集を開始した。7月31日...(続きを読む)

    7月23日号

  • ゲーム依存対応セミナー

    参加募集

    ゲーム依存対応セミナー 教育

    青少年育成開発協会主催

     外出自粛生活が続き、もしかするとゲーム依存になっているかも--。NPO法人青少年育成開発協会が主催するセミナー「ゲーム依存と対応」が7月26日(日)、港北区菊...(続きを読む)

    7月23日号

  • コロナ患者 前週から3人増

    【Web限定記事】横浜市鶴見区

    コロナ患者 前週から3人増 社会

    市内全体で56人増える

     横浜市は7月10日、市内18区ごとの新型コロナウイルス陽性患者の人数を発表した。市内全体の陽性患者数は684人で、前週から56人増。そのうち鶴見区は44人で前...(続きを読む)

    7月16日号

  • 一般職平均93万円、市長431万円

    【Web限定記事】横浜市

    一般職平均93万円、市長431万円 社会

    夏のボーナス支給  

     横浜市はこのほど、市職員に夏のボーナス(6月期末・勤勉手当)を支給した。 発表によると、職員の平均年齢は40.6歳で、支給対象者は4万...(続きを読む)

    7月16日号

  • 県合唱コン リモート開催

    県合唱コン リモート開催 文化

     神奈川県合唱連盟(志澤彰理事長)はこのほど、インターネット上で「神奈川県リモート合唱コンクール2020」を9月14日から21日に開催すると発表した。...(続きを読む)

    7月16日号

  • 地図上に感染リスク示す

    新型コロナ

    地図上に感染リスク示す 社会

    県がLINE活用

     神奈川県は、新型コロナウイルスの感染リスクに関し、地域ごとに地図上に示す「新型コロナ警戒MAP」の運用を15日から開始した。 「LIN...(続きを読む)

    7月16日号

  • 虐待 LINEで相談

    虐待 LINEで相談 社会

    横浜市 7月から導入

     横浜市は新型コロナウイルス感染拡大の影響で潜在化が危惧される児童虐待の防止策として「かながわ子ども家庭110番相談LINE」を7月から導入している。LINEを...(続きを読む)

    7月16日号

  • 振り込め詐欺を防止

    振り込め詐欺を防止 社会

    コンビニに感謝状

     振り込め詐欺を未然に防いだとして鶴見警察署は7月10日、ファミリーマート鶴見東口店の浪岡美奈保さんに感謝状を贈った。 浪岡さんは7月7...(続きを読む)

    7月16日号

  • 「熱中症注意」啓発を”配達”

    「熱中症注意」啓発を”配達” 社会

    消防 郵便車200台にステッカー

     鶴見消防署はこのほど、鶴見郵便局と連携し、同局の配達車とバイク計約200台に熱中症予防のステッカーなどを貼り付けた。鶴見消防署は「署員だけで全域をまわるのは厳...(続きを読む)

    7月16日号

  • 交番勤務員に表彰状

    東台在住垣澤さんら

    交番勤務員に表彰状 社会

    感謝込め、独自に

     東台在住の垣澤行雄さんと大杉正彦さんが7月7日、地域での困りごとを解決してくれたとして、交番勤務員3人を表彰した。 表彰を受けたのは、...(続きを読む)

    7月16日号

  • 区役所へ300万寄付

    (株)エーアンドエーマテリアル

    区役所へ300万寄付 社会

    コロナ対策の一助に

     鶴見中央に本社を構える(株)エーアンドエーマテリアル(巻野徹代表取締役社長)がこのほど、新型コロナウイルス感染症拡大防止の一助にと、現金300万円を鶴見区役所...(続きを読む)

    7月16日号

  • ごみ袋の空気抜いて

    市資源循環局

    ごみ袋の空気抜いて 社会

     新型コロナウイルス感染症の感染者数が再び増加傾向にある中、市資源循環局が適切な方法でごみを排出するよう市民に協力を呼び掛けている。 協...(続きを読む)

    7月16日号

  • 「心の叫び聞いて」

    区内NPOにインタビュー

    「心の叫び聞いて」 教育

    子どもら 休校後のSOS

     新型コロナウイルス感染症拡大の影響による3カ月ほどの休校が終わり、学校が再開して約一カ月がたった。再開後も新しい生活様式などに沿う学校生活。「いつもと違う」日...(続きを読む)

    7月16日号

  • 土曜開庁を再開

    【Web限定記事】横浜市鶴見区

    土曜開庁を再開 社会

    7月25日はマイナンバー業務なし

     新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため休止していた鶴見区役所の第2・4土曜日開庁が6月から再開されている。 ただ、7月25日について...(続きを読む)

    7月9日号

  • 商店街に賑わい作る

    レアールマルシェ

    商店街に賑わい作る 社会

    コロナに負けず開催中

     レアールつくの商店街内の一角で7月4日、「つくのつくるのマルシェ」が行われた。福島や山梨の特産品、区内周辺で活動するハンドメイド作家の商品などが並び、道行く人...(続きを読む)

    7月9日号

  • ”学び続ける”方法模索

    ”学び続ける”方法模索 教育

    白鵬女子 進むICT化

     新型コロナウイルスとともに生きる「withコロナ」の時代に、教育業界では、ICT化が進む学校も出てきている。 北寺尾の私立学校・白鵬女...(続きを読む)

    7月9日号

  • 津久井さんマリノスへ

    鶴大附高3年生

    津久井さんマリノスへ スポーツ

    現役高校生はクラブ初

     サッカーJ1リーグの横浜F・マリノスは6月25日、同ユース所属で鶴見大学附属高等学校在学中の津久井匠海選手とプロ契約を締結することを発表した。マリノ...(続きを読む)

    7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク