鶴見区版 エリアトップへ

ローカルニュースの記事一覧

  • 交番勤務員に表彰状

    東台在住垣澤さんら

    交番勤務員に表彰状 社会

    感謝込め、独自に

     東台在住の垣澤行雄さんと大杉正彦さんが7月7日、地域での困りごとを解決してくれたとして、交番勤務員3人を表彰した。 表彰を受けたのは、...(続きを読む)

    7月16日号

  • 区役所へ300万寄付

    (株)エーアンドエーマテリアル

    区役所へ300万寄付 社会

    コロナ対策の一助に

     鶴見中央に本社を構える(株)エーアンドエーマテリアル(巻野徹代表取締役社長)がこのほど、新型コロナウイルス感染症拡大防止の一助にと、現金300万円を鶴見区役所...(続きを読む)

    7月16日号

  • ごみ袋の空気抜いて

    市資源循環局

    ごみ袋の空気抜いて 社会

     新型コロナウイルス感染症の感染者数が再び増加傾向にある中、市資源循環局が適切な方法でごみを排出するよう市民に協力を呼び掛けている。 協...(続きを読む)

    7月16日号

  • 「心の叫び聞いて」

    区内NPOにインタビュー

    「心の叫び聞いて」 教育

    子どもら 休校後のSOS

     新型コロナウイルス感染症拡大の影響による3カ月ほどの休校が終わり、学校が再開して約一カ月がたった。再開後も新しい生活様式などに沿う学校生活。「いつもと違う」日...(続きを読む)

    7月16日号

  • 土曜開庁を再開

    【Web限定記事】横浜市鶴見区

    土曜開庁を再開 社会

    7月25日はマイナンバー業務なし

     新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため休止していた鶴見区役所の第2・4土曜日開庁が6月から再開されている。 ただ、7月25日について...(続きを読む)

    7月9日号

  • 商店街に賑わい作る

    レアールマルシェ

    商店街に賑わい作る 社会

    コロナに負けず開催中

     レアールつくの商店街内の一角で7月4日、「つくのつくるのマルシェ」が行われた。福島や山梨の特産品、区内周辺で活動するハンドメイド作家の商品などが並び、道行く人...(続きを読む)

    7月9日号

  • ”学び続ける”方法模索

    ”学び続ける”方法模索 教育

    白鵬女子 進むICT化

     新型コロナウイルスとともに生きる「withコロナ」の時代に、教育業界では、ICT化が進む学校も出てきている。 北寺尾の私立学校・白鵬女...(続きを読む)

    7月9日号

  • 津久井さんマリノスへ

    鶴大附高3年生

    津久井さんマリノスへ スポーツ

    現役高校生はクラブ初

     サッカーJ1リーグの横浜F・マリノスは6月25日、同ユース所属で鶴見大学附属高等学校在学中の津久井匠海選手とプロ契約を締結することを発表した。マリノ...(続きを読む)

    7月9日号

  • コミュニティ冷蔵庫が登場

    鶴見中央

    コミュニティ冷蔵庫が登場 社会

    出し入れ自由 地域で廃棄ゼロへ 「食べきれないものをシェアして新たな助け合いを」。鶴見中央の路地裏に、「コミュニティ冷蔵庫...(続きを読む)

    7月9日号

  • サンパチェンス祭り

    サンパチェンス祭り 文化

    入船公園で18日

     大輪のサンパチェンスに囲まれた会場での音楽祭・サンパチェンス祭が7月18日、入船公園=弁天町=で開かれる。時間は正午から午後4時。 毎...(続きを読む)

    7月9日号

  • 市教育長に大会開催訴え

    生麦中学保護者ら

    市教育長に大会開催訴え 教育

    署名2610筆届ける

     新型コロナウイルスの影響で中止になった、中学校部活動の代替大会開催を求める保護者などの団体「神奈川県の部活動を頑張る中学生を応援する会」が、6月29日に横浜市...(続きを読む)

    7月9日号

  • 無観客ライブを生配信

    ピアノトリオH ZETTRIO

    無観客ライブを生配信 文化

    15日、29日

     tvkの人気音楽番組「SPEED MUSICソクドノオンガク」に出演するジャズピアノバンドであるH ZETTRIO(エイチゼットリオ)が7月15日、29日に生...(続きを読む)

    7月9日号

  • 地域の混雑 ウェブで紹介

    神奈川県

    地域の混雑 ウェブで紹介 社会

    感染防止ブックも公開

     新型コロナウイルスの感染防止対策をしながら県内旅行を楽しんでもらうおうと神奈川県は6月18日、国内観光客向けウェブサイト「観光かながわNOW」上で、...(続きを読む)

    7月9日号

  • 「撮っておき」の写真募集

    「撮っておき」の写真募集 文化

    市営交通カレンダー企画

     横浜市交通局は、「横浜市営交通カレンダー2021」に使用する写真を現在募集している。 カレンダーは写真家・森日出夫氏が選考、監修し市民...(続きを読む)

    7月9日号

  • 「IR」再検証を

    「IR」再検証を 社会

    市民団体 コロナ禍で市に意見書

     市民団体「生活クラブ運動グループ横浜未来アクションつるみ」が7月2日、鶴見区役所を訪れ、横浜市の林文子市長宛の意見書を提出した。 同団...(続きを読む)

    7月9日号

  • 返礼27品を追加

    横浜市ふるさと納税

    返礼27品を追加 経済

    新型コロナ対策支援で

     横浜市はこのほど、ふるさと納税の返礼品追加第1弾として27品を追加した。 新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言は解除されたものの...(続きを読む)

    7月9日号

  • 別所熊野神社に植樹

    別所熊野神社に植樹 社会

    田口園芸 55周年でサクラ

     北寺尾の造園業・田口園芸(株)(田口英明代表取締役)がこのほど、創業55周年を記念し、別所熊野神社にマメザクラ8本を寄贈した。6月30日には、同神社奉賛会から...(続きを読む)

    7月9日号

  • 医療体制拡充に56億円

    【Web限定記事】横浜市

    医療体制拡充に56億円 社会

    市 コロナ第2、3波に備え

     横浜市は開会中の市会定例会に新型コロナウイルスに対応するため総額187億円規模の補正予算案を上程している。流行の第2、3波に備え、医療提供体制を整備するほか、...(続きを読む)

    7月2日号

  • 東京純心大学と教育連携

    白鵬女子高

    東京純心大学と教育連携 教育

     学校法人白鵬女子学院・白鵬女子高等学校(北寺尾)は、学校法人東京純心女子学園・東京純心大学(八王子市)と教育連携を推進するため、協定を結んだ。このほど、同大学...(続きを読む)

    7月2日号

  • 近隣施設が一時避難場所に

    下野谷町2自治会

    近隣施設が一時避難場所に 社会

    覚書結び、相互に協力

     下野谷町の2自治会が6月25日、自治会内にある施設を災害時に一時避難場所として使用できる覚書を施設側と結んだ。当日は森健二区長の立ち合いのもと、代表...(続きを読む)

    7月2日号

  • 「省プラ」のススメ

    市資源循環局

    「省プラ」のススメ 経済

    SNSで暮らし方発信

     プラスチックごみによる海洋汚染が世界規模で深刻化していることを受け、横浜市はプラごみ削減につながる情報をSNS上で発信する取組を始めている。市が昨秋策定した「...(続きを読む)

    7月2日号

  • 「苦しい」老舗銭湯の叫び

    「苦しい」老舗銭湯の叫び 文化

    安善湯 客足遠のく現状

     戦前に建てられた老舗銭湯が苦境に立たされている――。 「お客さんが減った。それでも、維持費はかかる。苦しいね」。寛政町の安善湯の平原逸...(続きを読む)

    7月2日号

  • 最期の別れに”安心”を

    最期の別れに”安心”を 経済

    斎場や寺 変わる葬儀

     新型コロナウイルスとともに生きる「withコロナ」の時代。死者を弔う葬儀の現場でも、「大切な人との別れ」に集中できるよう様々な工夫が行われている。...(続きを読む)

    7月2日号

  • フェイスシールドを寄贈

    鶴見北RC

    フェイスシールドを寄贈 社会

    コロナ対策 三師会に480枚

     鶴見区内で奉仕活動を続ける横浜鶴見北ロータリークラブが、6月25日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的として、鶴見区医師会(芝山幸久会長)と鶴見区歯科医...(続きを読む)

    7月2日号

  • 花木園のハスが見頃

    花木園のハスが見頃 文化

    7月上旬に観賞会

     馬場花木園のハスが7月上旬に見頃を迎える=写真(同園提供/6月22日撮影)。同園は早朝の観賞会を7月4日、5日、11日、12日の4日間実施する。...(続きを読む)

    7月2日号

  • 子どもの支援団体募集

    子どもの支援団体募集 社会

     赤い羽根の募金活動などを行う社会福祉法人神奈川県共同募金会は、3月から様々な緊急支援を実施。そのうちの一つが子どもと家族への緊急配分事業だ。大和市の子ども食堂...(続きを読む)

    7月2日号

  • 唐松選手(区内在住)、世界へ

    現役東大生フットボーラー

    唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

    運動は苦手―変えたアメフト

     生麦に隣接する神奈川区子安台の浅野中学・高等学校の出身で東京大学英語英米文学4年の唐松星悦さん=鶴見区在住=が、フットボーラーとして世界を舞台に躍進中だ。今年...(続きを読む)

    7月2日号

  • 鶴見中央に児童福祉施設

    鶴見中央に児童福祉施設 社会

    相談や支援の受け皿に

     横浜市が児童福祉法に基づき、各区に一カ所、整備を進めている児童家庭支援センターが、このほど鶴見区内にも設置された。 同センターは、子育...(続きを読む)

    7月2日号

  • 花盗難が相次ぐ

    【Web限定記事】横浜市鶴見区

    花盗難が相次ぐ 社会

    潮田公園 1週間で6件

     潮田公園で花壇に植えられた花の盗難被害が相次いでいる。 盗難被害は、6月12日から21日までに6件。管理事務所近くのサンパチェンスやサ...(続きを読む)

    6月25日号

  • 秋の臨海フェスが中止

    【Web限定記事】横浜市鶴見区

    秋の臨海フェスが中止 社会

    コロナの不安ぬぐえず

     鶴見区民祭りの一つで、毎年10月に実施されていた「つるみ臨海フェスティバル」の中止が、19日に決まった。新型コロナウイルス感染症による社会的情勢が考慮された。...(続きを読む)

    6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク