ホーム > 神奈川区版 > 人物風土記 > 鎌田裕成さん

神奈川区

ホストファミリーとして多くの外国人を受け入れている

鎌田裕成さん

西寺尾在住 58歳
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

異文化交流で人生を謳歌

 ○…英語を克服しようと、奥さんの勧めで25年前に言語研究クラブに入会。2年後、初めて外国人を受け入れるホストファミリーに手を挙げた。アフリカのザンビア人を皮切りに、これまで20ヵ国50人のホスト役を務めてきた。文化の違いに戸惑いもあったが、「日本の一般家庭を体験してもらえれば」と、毎年のように国際交流を続けている。「いつのまにか言葉や国籍の境が消え、人と人との付き合いができるようになった」

 ○…地元・神奈川区出身。足が悪く、5年生までギプス生活を余儀なくされた。医者の見立て通り、自然に治癒はしたが、「遠足は母親におんぶされて参加するなど、幼少時代は苦い記憶が多いね」と振り返る。その反動から中学は卓球、高校はテニス部に所属し汗を流した。英語については「授業は嫌いじゃないけど、話すことにはコンプレックスがあった」 

 ○…大学卒業後は、会社員となり激務をこなす毎日。仕事重視の生活に疑問を感じ、「家族と触れ合う時間が持ちたい」との思いも次第に強まった。この頃からホストファミリーとして活動する機会が増える。「ホスト役として世話した夫妻に再会するため、家族でフランスに行けたのは転職したおかげだよ」。しかし、人生は順風満帆とはいかないもの。海外交流で訪れたメキシコから帰国したその日、新築ローンの診査が下りるかどうかのタイミングで会社が倒産したのだ。「絶望していたが、妻の『何とかなるわ。これはチャンスよ』の一言に救われた」。前向きにとらえることで、再就職を掴むことができた。

 ○…「娘2人が高校生の時にフランスへ留学し、ホームステイ先の家族の気持ちが分かるようになった。今は恩返しのつもりで外国人を受け入れている」。根っからの人好きなので、日本の地方の人との交流も視野に入れる。「引退すれば時間ができる。世界中を旅して異文化に触れ、新しい自分を発見したいね」
 

関連記事

powered by weblio


神奈川区版の人物風土記最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 青葉区
  • 緑区
  • 港北区
  • 都筑区
  • 旭区
  • 瀬谷区
  • 泉区
  • 戸塚区
  • 栄区
  • 金沢区
  • 港南区
  • 中区・西区
  • 南区
  • 磯子区
  • 保土ケ谷区
  • 鶴見区
  • 神奈川区