神奈川区版 掲載号:2011年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

あいさつを通じ防犯を呼びかける 坂口 敏朗さん 羽沢南在住 75歳

校門前が私の大切な居場所

 ○…「おはよう、行っておいで」。神奈川区の西端、羽沢南と保土ケ谷区上星川の境目の小道で、毎朝のように登校中の子どもたちに声をかけている。「学校の外は地域で見守る必要がある」。平成16年に、地域で物騒な話を耳にしたのを機にあいさつ運動を始めた。警察から借りた「防犯」の文字の入った緑の腕章がトレードマーク。取材中も止めどなく持論を展開するアイディアマンだ。

 ○…あいさつ運動は、上星川小に波及。登校時になると校長先生らが校門前に立ち、児童を迎える光景が見られる。「児童も自作の『のぼり』を掲げて元気にあいさつしています」と目を細める。今では入学式や卒業式にも呼ばれるようになり、子どもたちからは「あいさつのおじさん」として親しまれている。まちで出合った人から「私の顔が分かりますか」と呼び止められることもしばしば。「こうなってくると楽しくてやめられないね」。

 ○…長野県で生まれ、新潟県で育った。「よく一人で山菜採りに行ったものです」と少年時代を振り返る。海や山、大自然の中でたくましく育った。高校では書道に没頭し、集中力を養った。上京後、結婚。のどかな地を求めて30年前に羽沢のマイホームを購入。娘と孫3人に恵まれた。

 ○…退職後は、行政への提案活動がライフワーク。提案件数は100便を超えた。特に、平成18年に実現した『羽沢南』の誕生に大きく貢献した。「以前はピザの配達すら断られるほど分かりにくい地域で、住居表示の実現と新町誕生は、地元住民の悲願だった」。160人から聞き取り調査を行い、報告書を作成。役所などに日参し、実現までこぎ着けた。悩みは、街づくりを話し合える仲間が少ないこと。「学校を中心とする街づくり、つながりづくりが大切」という方向性は今後も変わらない。「上星川小の校門前あたりは、大切な私の居場所です」と、今日もあいさつに立つ。
 

神奈川区版の人物風土記最新6件

小川 正さん

精華小学校の元校長で、子どもに寄り添う教育理念を1冊にまとめた

小川 正さん

3月15日号

菊田 敬祐さん

「ビールヨガ」インストラクターとして、ヨガの普及に尽力する

菊田 敬祐さん

3月8日号

齋田 博樹さん

JA横浜直営直売所で「ひなまつり」イベントを開催する

齋田 博樹さん

3月1日号

大内 えりかさん

環境カウンセラーとして資源の大切さを伝える活動を続ける

大内 えりかさん

2月22日号

佐伯 美華さん

学校・地域コーディネーターとしてキャリア教育の充実を図る

佐伯 美華さん

2月15日号

江端 広樹さん

済生会東神奈川リハビリテーション病院の院長に就任した

江端 広樹さん

2月8日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク