神奈川区版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

全国少年柔道大会 朝飛道場が4連覇 小兵ながら偉業達成

スポーツ

4連覇を果たした朝飛道場のメンバーら
4連覇を果たした朝飛道場のメンバーら

 第31回全国少年柔道大会が5月5日に講道館(東京都文京区)で行われ、県代表として出場した朝飛道場(平川町)が団体戦で4連覇を達成した。

 今大会は、東日本大震災の影響で3チームが不参加となったため、都道府県代表の45チーム(東京2チーム)が出場し、熱戦を繰り広げた。

 今年のチームは近年にない小兵軍団。平均46kgは、45チームの中で7番目に軽く、戦前から厳しい展開が予想されていた。朝飛道場はシードのため2回戦からの出場となったが、2対2の内容差で辛くも勝利。3・4回戦・準決勝は、先鋒(長友優樹くん・5年)と次鋒(賀持喜道くん・5年)でリードし、何とか逃げ切る展開で駒を進めた。

 決勝戦は、先鋒・次鋒が共に引き分け。中堅戦で鈴木康鷹くん(6年)が奮起し、袈裟固で一本勝ち。副将戦で、紅一点の朝飛七海さん(6年)が敗れたため、優勝の行方は大将戦に持ち込まれた。相手が背負投で崩れたところを織茂友多郎くん(6年)が寝技に引き込む一進一退の攻防。引き分けとなり、朝飛道場が4連覇を達成した。

 朝飛大館長は「柔道を好きになってもらい、強い気持ちを持った人を育てたい」と、自宅兼道場で幼児から中学生まで約140人の指導にあたる。4連覇については「決勝戦は4年連続で内容差の勝利。ほんの少しの努力の差が、大きな結果の差となることを教えてもらった」と振り返った。織茂くんは「4連覇できたのはチーム全員の力。後輩たちにも5連覇を目指してもらいたい」と喜んでいた。
 

神奈川区版のローカルニュース最新6件

大口でまちゼミ

大口でまちゼミ

3月15日号

県内医療の担い手へ

地方議員19人が参加

立憲民主党

地方議員19人が参加

3月15日号

和紙ちぎり絵600点

3月31日は市民無料

柳原良平アートミュージアム

3月31日は市民無料

3月15日号

三ツ沢公園感謝DAY

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク