神奈川区版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

高校野球神奈川大会で始球式を務める、希望ヶ丘高校の野球部OB 内野 雅史さん 白幡西町在住 77歳

県立復権、次代に託す

 ○…60年前、県立勢最後の神奈川代表として甲子園へ。初戦の1回にいきなり2点本塁打を放ち、史上初で唯一の「ホームラン賞」受賞者として歴史に名を刻んだ。10日の開幕試合では、当時の復刻版ユニホームを着て始球式のマウンドに立つ。「神高(現希望ヶ丘高)野球部OBとして名誉なこと。創部100年を超える母校の歴史、伝統を身近に肌で感じてもらえれば嬉しい」。今を生きる後輩たちへの思いを、その一球に懸ける。

 ○…少年野球もリトルリーグもなかった幼少時代は、草野球に明け暮れた。Y校(横浜商)の先輩に憧れ、中学から野球部へ。好打の外野手として頭角を現し、高校では1年春から公式戦に出場した。夏の神奈川大会決勝では、後に立教大学で再会するエース・故大沢啓二氏率いる県商工と対戦し、0対1で惜敗。翌1951年夏、県内49校の頂点に立ち、雪辱を果たした。

 ○…当時は県立全盛だった時代。「県立らしさを出すには、入ってきた選手をいかに育てるかがポイント。きちんと教え込んでいけば、個性を生かした野球ができるはず」。甲子園出場直後の新チームでは主将を経験し、連覇の重圧とけん引役の難しさを味わった。進学校だったため途中退部する部員もおり、チームづくりには手を焼いたという。最後の夏、準々決勝で敗れた悔しさは今も忘れない。

 ○…「野球は良くも悪くも人生そのもの」。大学時代は「大沢親分」のほか後輩に長嶋茂雄氏、故杉浦忠氏ら球界の大物選手とプレーした。社会人野球を経て、定年後は高校時代の監督だった恩師、故下田理一氏の後を継いで中区の金港スポーツへ。大学や社会人野球の審判員の派遣、育成を担う横浜野球協会にも携わっている。希望ヶ丘ほか県立5校によるOB会「ツースリークラブ」では会長として対抗戦や宴会を企画する。「病気もなくここまで来られたのは本望。昔からの仲間と汗を流し、野球談議に花が咲けばそれでいい」
 

神奈川区版の人物風土記最新6件

小川 正さん

精華小学校の元校長で、子どもに寄り添う教育理念を1冊にまとめた

小川 正さん

3月15日号

菊田 敬祐さん

「ビールヨガ」インストラクターとして、ヨガの普及に尽力する

菊田 敬祐さん

3月8日号

齋田 博樹さん

JA横浜直営直売所で「ひなまつり」イベントを開催する

齋田 博樹さん

3月1日号

大内 えりかさん

環境カウンセラーとして資源の大切さを伝える活動を続ける

大内 えりかさん

2月22日号

佐伯 美華さん

学校・地域コーディネーターとしてキャリア教育の充実を図る

佐伯 美華さん

2月15日号

江端 広樹さん

済生会東神奈川リハビリテーション病院の院長に就任した

江端 広樹さん

2月8日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク