神奈川区版 掲載号:2011年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

全国中学生テニス選手権大会で優勝した六角橋中学2年 高橋 悠介さん 神大寺在住 13歳

グランドスラムを夢見て

 ○…世界トップレベルと評されるストロークプレーを武器に、ゲームを支配する。2年生ながら国内に敵はない。春の全国選抜テニス選手権に続き、全国の中学生チャンピオンとなった。昨年は予選敗退。悔しさをバネに、この1年間は全ての面でレベルアップに取り組んだ。「3年生がいる中で優勝できたのは、大きな自信になります」。慢心のかけらもない、素直な受け答えが印象的。その語り口に真面目さがにじむ。

 ○…実業団でプレーしていた父の影響で3歳からテニスを始める。才能はすぐに開花。地元のテニススクールでは、小学1年生にしてジュニアのトップクラスに昇進した。コーチからの紹介もあり、藤沢市にある名門・荏原SSCに移籍し、現在も週5日のペースで通っている。小学校では、個人戦ベスト4が最高位。転機となったのは、元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんが企画する『修造チャレンジ』への参加だった。練習ではメンタルの弱さを指摘され、罵声を浴びる場面もあったが「テニスに対する修造さんの熱い想いが伝わってきた」。自分の弱点を自覚することが、急成長を遂げるきっかとなった。

 ○…「フォアで追い込み、ボレーで仕留める流れが理想的」と分析する。今夏は日本代表として欧州遠征に参加。リラックスするため、レディー・ガガなどを聴きながら会場入りするのが恒例となっている。「まだまだ実力差はあるが、ネットプレーの力をつければ世界でやっていく自信がついた」とあくまで前向き。

 ○…テニスを離れれば普通の中学生で、忙しい練習の合間に集中して勉強に励む。憧れはフェデラー選手。毎日のように練習に付き添ってくれた母と、叱咤激励してくれる父に感謝する。「プロ選手として活躍することが恩返し。将来は年間グランドスラムを達成したい」と夢を語る。まずは、秋の全国大会で優勝し、海外チャレンジの布石にする意気込みだ。
 

神奈川区版の人物風土記最新6件

小川 正さん

精華小学校の元校長で、子どもに寄り添う教育理念を1冊にまとめた

小川 正さん

3月15日号

菊田 敬祐さん

「ビールヨガ」インストラクターとして、ヨガの普及に尽力する

菊田 敬祐さん

3月8日号

齋田 博樹さん

JA横浜直営直売所で「ひなまつり」イベントを開催する

齋田 博樹さん

3月1日号

大内 えりかさん

環境カウンセラーとして資源の大切さを伝える活動を続ける

大内 えりかさん

2月22日号

佐伯 美華さん

学校・地域コーディネーターとしてキャリア教育の充実を図る

佐伯 美華さん

2月15日号

江端 広樹さん

済生会東神奈川リハビリテーション病院の院長に就任した

江端 広樹さん

2月8日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク