神奈川区版 掲載号:2011年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

青木小 宿泊体験で交流育む 山形の6年生がホームステイ

教育

リンゴを販売する児童たち
リンゴを販売する児童たち

 横浜市立青木小学校(田上恭孝校長)は、山形県鶴岡市立櫛引南小学校(五十嵐良克校長)と宿泊体験学習を通じた交流を行っている。10月7日〜9日には、櫛引南小の児童14人が横浜を訪れ、ホームステイを通じて交流を深めた。

 「やあ、久しぶり」。子どもたちは、新しい友人との再会を喜んだ。青木小の6年生80人は9月25日〜27日にかけて、山形県鶴岡市(旧櫛引町)にホームステイしており、今回は櫛引南小の6年生14人が横浜にやってきたのだ。

 この交流は、櫛引町の農協関係者が、平成6年に「庄内平野の米作り」の指導者として青木小を訪れたことがきっかけ。これを機に、希望者による2泊3日の農業体験を開始。平成11年からは、6年生が修学旅行として宿泊体験学習を行うことになった。児童たちは毎年、ホームステイを通じて稲刈りや果樹の収穫など、都会では味わえない生活を経験。町には『歓迎!青木小学校』と書かれたのぼり旗が、あちこちに立てられているという。

 一方、住宅事情などもあり、受け入れが困難とされていた青木小側。当時のPTA会長・藤吉廣宣さんらが「温かい歓迎を受けてばかりで、我々も受け入れなければならない」と保護者に支援を呼びかけ、7年前にホームステイが実現した。「今は南小だけだが、人数的に櫛引町にある東小、西小も受け入れたい」と藤吉さんは意気込む。

 青木小の田上校長は「人との触れ合いは、単なる修学旅行では経験できない」。櫛引南小の五十嵐校長は「都会での貴重な体験を通じて、郷土愛を改めて感じてほしい」と交流の成果を話す。櫛引南小の児童は、区民まつりに参加し花笠音頭を披露、両校で協力してリンゴの販売も行った。
 

神奈川区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

民間企業と「抗疲労効果」実証

神奈川大大後教授

民間企業と「抗疲労効果」実証

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

43本に倒木の危険性

幸ケ谷公園ソメイヨシノ

43本に倒木の危険性

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

県逮捕術大会で優勝

神奈川警察署

県逮捕術大会で優勝

3月1日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク