神奈川区版 掲載号:2011年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

薬剤師から陶芸家に転身し創作活動に励む 土屋 きみゑさん 西神奈川在住 87歳

残りの人生、好きに生きる

 ○…「新生堂薬局」の看板が掲げられた店舗兼自宅。中に入ると、どこか懐かしい「昭和」を感じる空間があった。かつてのショーケースや棚には、薬ではなく陶器や磁器がずらりと並ぶ。湯呑や皿、花瓶、どれも可愛らしい挿絵がほどこされている。「陶芸は自己表現。好きに創っているだけ」と微笑みながら、作品一つひとつに対してエピソードを語ってくれた。愛着があるのだろう、いずれも記憶は鮮明だ。

 ○…生家は東神奈川駅前で料亭を営んでいた。幼少の頃は体が弱く、「空気がよい」との理由で学区外の浦島小に通った。夏休みになると、決まって八ヶ岳・渋の湯温泉で静養。当時から絵が好きで、居候していた画家の絵を真似するのが一番の遊びだった。その後、1期生として県立横浜第二高等女学校(現・立野高校)に入学。時は日独伊同盟の真っただ中。「芦ノ湖を描いた絵が、イタリアで飾られたのよ」

 ○…父の勧めで東邦薬科大学に進んだ。最愛の父を亡くしたのは、合格を喜んだ数日後のことだった。戦前、戦中は薬剤師として病院などに勤務。山梨に疎開していたが、横浜大空襲で住居は焼失した。「父は商売の才能があった。職業婦人として独立できたのも父のおかげ」。戦後間もなく薬局を開業。物不足の時代、飛ぶように商品が売れた。

 ○…50歳で鎌倉の陶芸教室に通い始めた。腕前は、いつのまにか趣味の域を超えていた。転機となったのは73歳、交通事故で生死をさまよった時だった。「残りの人生は、好きなことをやろうと決心がついた」。以来14年、陶芸家として歩んできた。当然スランプもあるが、そんな時は、読書や旅行で気分転換する。渡独は2回。現地で知り合った人と10年以上も文通を続けた。ドイツ歌曲をこよなく愛し、山下町のビアホールで歌ったこともある。「死ぬのは怖くない。他界した夫に会えなくてさびしいくらい」とまた笑った。
 

神奈川区版の人物風土記最新6件

小川 正さん

精華小学校の元校長で、子どもに寄り添う教育理念を1冊にまとめた

小川 正さん

3月15日号

菊田 敬祐さん

「ビールヨガ」インストラクターとして、ヨガの普及に尽力する

菊田 敬祐さん

3月8日号

齋田 博樹さん

JA横浜直営直売所で「ひなまつり」イベントを開催する

齋田 博樹さん

3月1日号

大内 えりかさん

環境カウンセラーとして資源の大切さを伝える活動を続ける

大内 えりかさん

2月22日号

佐伯 美華さん

学校・地域コーディネーターとしてキャリア教育の充実を図る

佐伯 美華さん

2月15日号

江端 広樹さん

済生会東神奈川リハビリテーション病院の院長に就任した

江端 広樹さん

2月8日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク