神奈川区版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

2012年度自主企画事業 防災・子育てに重点 1億2900万円を計上

 神奈川区がこのほど発表した2012年度編成予算の中で、区独自の取り組みを行う自主企画事業の概要が明らかになった。今年度は、地域特性を踏まえた30事業に1億2912万円が計上され、「地域防災力向上」「子育て」などに重点が置かれる予算となった。

 自主企画事業(個性ある区づくり推進費)は、身近な市民サービスの拠点である区役所において、地域の特性やニーズに応じるため、自立的に編成する予算。神奈川区は今年度、「区民生活の『安心』と地域の『活力』を次世代につなげます!」をスローガンに、「安全・安心・セーフティネット」「子育て・健康づくり」「まちづくり・魅力アップ」の3つの施策を柱として事業を進めていく。

 その中でも、区が重要事業に位置づけているのは3事業。まず一つは、「安全・安心・セーフティネット」施策(事業費2258万円)の地域防災力向上事業(同616万5000円)。大規模災害が発生した際に、行政の初動体制が整うまで、地域の自助・共助による災害対応が行われるよう、自治会・町内会や地域防災拠点などの支援を行い、地域防災力の向上を進める。 

 「子育て・健康づくり」施策(同2297万円)では、子育て・青少年元気づくり支援事業(同175万円)と、妊産婦訪問アドバイザー事業(同151万円)に重点が置かれた。子どもたちの成長過程において継続した支援に取り組むほか、妊産婦を対象に助産師などによる相談などを新たに実施する。

 今年度の予算編成について区役所総務課は「共感と信頼の区政運営を基本として、神奈川区の魅力ある財産である地域の様々な活動主体との『つながり』をいっそう促進しながら、事業を展開していきたい」と話している。
 

神奈川区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

専門学校が被害者支援

「はれのひ」問題

専門学校が被害者支援

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

臨海部の区民利用施設が連携

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

地区セン花壇を整備

錦台中ブロック

地区セン花壇を整備

2月1日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク