神奈川区版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川区長に就任した 川名 薫さん 磯子区在住 58歳

安全と信頼の区政運営を

 ○…4月1日付けで神奈川区の区長に就任した。臨海部のウォーターフロントに広がる近未来的な街、アーケードが懐かしい商店街、そして田園地帯。神奈川区が、まるで日本の縮図のように多様な顔を持つことに驚いた。「この街には、地域の自主的な活動団体による支え合い、企業、プロスポーツチーム、大学など、魅力ある財産がたくさんあります。魅力あふれる神奈川区で仕事ができる喜びを実感しています」

 ○…東京生まれ、横浜育ち。文章を書くのが好きで、本に関わる仕事に就くのを夢見る文学少女だった。県立湘南高校ではフェンシング部に所属。マイナースポーツを選んだ理由は、「ちょっと練習すればインターハイに出場できると思って」。いざ入部すると練習は想像以上に厳しく、力の入る利き足だけがみるみる太くなっていった。「ジーパンのサイズ選びにも苦労しました」。その甲斐あって当初の目標を達成した。

 ○…東京教育大学文学部では、坂口安吾を研究。「既成モラルに抵抗した、太宰治などの無頼派作家が好きです」という意外な一面も。卒業後は、女性が一生働ける職場として東京都に就職した。結婚を機に横浜市役所へ。港北区役所、民生局(現・健康福祉局)を経て、先月まで水道事業に20年間従事。水道局港南営業所長時代に始めた「出前水道教室」は好評で、市内全域に広がった。経営企画部担当部長として「横浜ウォーター(株)」設立をけん引し、日本全国を駆け巡ったのも思い出に残っている。

 ○…グループサウンズが好きで、ザ・ゴールデンカップスの追っかけをしていた。昨年は「能」にハマり、足しげく公演に通った。さらに、体力作りのためにマラソンにも挑戦している行動派。今後は「誠実」「謙虚」「寛容」をモットーに区政運営にあたる。「区役所は横浜市の顔です。区民の安全を守り、信頼が存在する職場作りを目指したい」と現場主義を掲げる。
 

神奈川区版の人物風土記最新6件

佐伯 美華さん

学校・地域コーディネーターとしてキャリア教育の充実を図る

佐伯 美華さん

2月15日号

江端 広樹さん

済生会東神奈川リハビリテーション病院の院長に就任した

江端 広樹さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

河崎 力さん

成人式応援プロジェクトを指揮する

河崎 力さん

1月25日号

岩井 璃那(りな)さん

神奈川区が主催する写真コンテストの小中学生部門で最優秀賞に輝いた

岩井 璃那(りな)さん

1月18日号

貝川 弘行さん

青少年のバンドとダンスの祭典「B-SKY FES」の実行委員長として尽力する

貝川 弘行さん

1月11日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク