神奈川区版 掲載号:2012年10月11日号
  • googleplus
  • LINE

硬式テニス全国大会 六角橋中・高橋君が連覇 メンタル強化で偉業達成

連覇達成に笑顔の高橋君
連覇達成に笑顔の高橋君

 8月22日から25日まで東京・有明テニスの森公園で行われた「第39回全国中学生テニス選手権大会」で、六角橋中学校の高橋悠介君(3年)が、男子シングルスで優勝を掴み取った。2年生だった昨年の同大会で初優勝しており、今大会で連覇を果たした。改めて試合を振り返ると共に今後の抱負を聞いた。

 初戦から順当に勝ち進み、危なげなく決勝へ駒を進めた。しかし、決勝の相手は同大会前に出場した大会で惜しくも敗戦した相手。「一度負けている相手。緊張して十分に睡眠もとれず、朝食もあまり喉を通らなかった」というくらい、プレッシャーに押し潰されそうになっていたという。それでも試合では負けた悔しさを一球一球に込め、見事リベンジ。同大会連覇を果たした。念願の連覇に「とにかくホッとした。一球一球全力で、自分を信じて臨んだことが勝ちにつながった」と安堵した様子。昨年は、3年生もいたため勝てる確信がなかったようだが、「今年は『どうにかして勝とう』と勝ちにこだわって臨めたことが一年で成長した点」と振り返っていた。

 高橋君は実業団でプレーしていた父親の影響で、3歳からテニスを始めた。地元のテニススクールでは、小学1年生にしてジュニアのトップクラスに昇進。現在は藤沢市内のクラブに週6日、約1時間かけて通っている。元プロテニスプレーヤー松岡修造氏の「修造チャレンジ」への参加でメンタル面の強化に成功した高橋君。自身の強さを「今辛くてもいつか良いことがあると信じて妥協しない」と分析する。昨夏の欧州遠征でコツを掴んだバックハンドが武器。「近い目標は来週以降のジャパンオープンとスーパージュニアで優勝すること。将来はグランドスラムを達成したい」と目標を定めている。
 

神奈川区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

専門学校が被害者支援

「はれのひ」問題

専門学校が被害者支援

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

臨海部の区民利用施設が連携

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

地区セン花壇を整備

錦台中ブロック

地区セン花壇を整備

2月1日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク