神奈川区版 掲載号:2012年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川消防団秋季訓練会 女性団員が初参加 小型ポンプ操法を披露

社会

第6分団代表として参加する女性団員たち
第6分団代表として参加する女性団員たち
 神奈川消防団(田邊昇二団長)の秋季訓練会が11月4日午前9時〜11時半、反町公園を会場に開催される。訓練会には消防団員約400人が参加。区内にある9個分団の各代表者がチームを組んで「小型ポンプ操法」競技に出場し、日頃の訓練の成果を披露する。今回の訓練会では初めて、女性団員が競技に参加することになった。

 男の世界と思われがちな消防団。実際、区内の女性団員は、2割に満たない62人だ。これまで女性団員の役割は、交通整理などの事務方ばかり。競技にも男性だけが参加していた。女性が参加するきっかけとなったのは、東日本大震災。「減災に男も女も関係ない」と、田邊団長が後押しして実現することになった。

 訓練会に参加する9チーム中、5チームが女性団員を含んでいる。白幡地区の第6分団(内海秀紀分団長)では9月初旬に、女性だけのチームを編成した。彼女らは本番に向け、毎週土曜日の夜に神奈川図書館で訓練を重ねている。

 7回目となった20日の訓練では、本番さながらの放水も行われた。指揮者としてチームをけん引する堀正美さんは「男性に負けないようにがんばりたい」。懇親会で大会参加を呼び掛けた森田麻子さんは「女性チームとして注目されるが、その期待に応えたい」。ムードメーカーの伊丹綾子さんは「とにかくチームを盛り上げて貢献したい」。エンジン担当の鈴木美由紀さんは「きちんと送水するのが私の役目です」と、それぞれ抱負を語ってくれた。

 小型ポンプ操法とは、4人一組で可搬式ポンプを使用し約70m前方の標的を倒し、競技開始位置まで戻る間の確実性・迅速性などを競うもので、消防団員の必須技術とされている。

神奈川区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

専門学校が被害者支援

「はれのひ」問題

専門学校が被害者支援

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

臨海部の区民利用施設が連携

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

地区セン花壇を整備

錦台中ブロック

地区セン花壇を整備

2月1日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク