神奈川区版 掲載号:2012年11月1日号
  • googleplus
  • LINE

環境絵日記コンクール 樋口さん(三ツ沢小)が大賞 1万8千作品の頂点に

文化

樋口文南さん
樋口文南さん

 横浜市資源リサイクル事業協同組合(高田哲二理事長)主催の環境絵日記コンクールが開催され、三ツ沢小学校(大石久宜校長・児童数738人)の樋口文南さんが最高賞の大賞を受賞した。10月28日には大さん橋ターミナルで授賞式が行われた。

 「環境絵日記」は、小学生が夏休みの自由課題として、絵と文章の組み合わせで、環境問題などについて考えることを自由に表現する取り組み。13年目となった今年は、昨年環境や高齢化対応のモデルとなる「環境未来都市」に選出されたことを受け、横浜市が共催することになった。

 今回のテーマは「環境未来都市」。作品は夏休み期間中に市内の小学生を対象に募集され、今年は1万8276の応募があった。9月末には最終選考会が行われ、優秀特別賞22作品が決定した。三ツ沢小5年の樋口さんの作品『星の見える町』が最高賞となる「環境絵日記大賞」に輝いた。

「今までで一番うれしかった」

 受賞の一報を受け、樋口さんに喜びの声を聞いた。「横浜できれいに光る星を見てみたかった」。作品は日頃抱いている気持ちをそのまま文章に書き出し、ポイントになる「星」は試行錯誤の末、筆を振って描いたという。大賞については「イメージどおりの作品ができたので、入賞できたらいいなと思っていました。今までで一番うれしいです」。着られなくなった洋服を人形用にリメイクするなど、環境に対する意識も高い。周囲からは「想像力豊かで、アイディアが浮かんでくるタイプ」と評される。玩具メーカーに就職するのが夢。「みんなの笑顔が見たいから」と笑顔で話してくれた。

 その他、優秀特別賞を受賞した児童は次のとおり。敬称略。

▽竹中瞳(東品濃小)、石井優香子(下郷小)、佐藤月菜(元街小)、根本莉衣(桂小)、MaiaJohnston(横浜インターナショナルスクール)、木野菜ツ子(すすき野小)、江夏美穂(希望ヶ丘小)、前川有里恵(元街小)、渡部帆(横浜中華学園)、赤松愛美(日下小)、田中千陽(中沢小)、片岡虹人(希望ヶ丘小)、青木愛珠(大岡小)、安室朋華(品濃小)、和田理奈(四季の森小)、藤田紗希(能見台小)、御園涼太(希望ヶ丘小)、鈴木彩音(さちが丘小)、佐藤帆夏(矢部小)、Yu-JinSong(横浜インターナショナルスクール)、柳澤美澄(富岡小)
 

2012年度の大賞に選ばれた作品『星の見える町』
2012年度の大賞に選ばれた作品『星の見える町』

神奈川区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

専門学校が被害者支援

「はれのひ」問題

専門学校が被害者支援

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

臨海部の区民利用施設が連携

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

地区セン花壇を整備

錦台中ブロック

地区セン花壇を整備

2月1日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク