神奈川区版 掲載号:2012年11月8日号
  • googleplus
  • LINE

浜建協と土木事務所 災害想定し道路を点検 緊急輸送路など見て回る

現地で撮った写真を見ながら話し合った
現地で撮った写真を見ながら話し合った
 市と防災協定を結んでいる(社)横浜建設業協会神奈川区会が、神奈川土木事務所と11月1日、災害時を想定して区内にある震災時緊急輸送道路の点検を行った。

 神奈川区は他区に先立ち、2007年から3年かけて緊急時に使用する道具を置いた資材置き場を、歩道橋の下や中央分離帯など30カ所(現在は29カ所)に設置。当日は、同区会と土木事務所の職員約20人が班ごとに分かれ、緊急輸送道路と資材置き場の状況を見て回った。

資材置き場に課題も

 点検後、土木事務所で結果報告と検討会を行い、それぞれが現地で撮った写真を見ながら情報を共有した。資材置き場の点検は、今回が設置後初めてだったこともあり、「鍵が錆びてしまい開かなかった」「雑草が生い茂って入れない」「資材を覆うブルーシートが破けている」などの課題が明らかになった。

 今後の対策に関して、神奈川土木事務所の島田健治所長は「鍵が錆びたり、ブルーシートが破れたことによる中身の劣化に対しては点検をしていきたい。資材置き場の近くで作業があるときには、合わせて土のうの中身の入れ替えをすることもできる」とし、同区会の保泉次雄会長は「災害時にはパトロールや人命救助など、速やかに対応していきたい」と話している。

神奈川区版のローカルニュース最新6件

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

最終回で「夢プラン」発表

区地域づくり大学校

最終回で「夢プラン」発表

2月15日号

かなっくでデジカメ写真展

「児童の交通事故防止」願い寄贈

日産横浜工場

「児童の交通事故防止」願い寄贈

2月15日号

活躍できる未来へ

指定都市市長会

活躍できる未来へ

2月15日号

障がい者の力作ずらり

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク