神奈川区版 掲載号:2013年1月24日号

神奈川区市議補選

4人が出馬へ

前職と新人3人の争いか

 福田進市議の昨年12月の死去に伴う神奈川区の市議会議員補欠選挙(改選数1)が、1月25日告示、2月3日投開票で行われる。本紙の調査では、1月21日時点で4人の候補予定者が出馬に向けて準備を進めている。

 今回の補欠選挙は、福田市議の死去に伴い、公職選挙法の「市町村議会では欠員が定数の6分の1を超えた場合、50日以内に補欠選挙が行われる」という規定に基づいて行われるもの。

 1月21日時点で出馬を表明しているのは、民主党の前職・井上大右氏(50)、自民党の新人・小松範昭氏(56)、共産党の新人・本橋佳世氏(40)、無所属の新人・葛西康樹氏(49)。

 2期目の復帰を目指す井上氏は、株式会社サクラメント代表。衆議院議員秘書を務めたのち、2007年から11年までの4年間市政に関わってきた。「これからの横浜市を、未来に向けた持続可能な循環型都市にしていきたい」と、復帰への意欲を見せる。

 小松氏は六角橋にある小松工務店の社長。神奈川交通安全協会副会長、県宅建協会横浜東部支部副支部長などを務め、福田前市議の後援会の一人として長年サポートしてきた。「まずは、福田前市議が取り組んでいた医療のさらなる充実に取り組みたい」と答えた。

 本橋氏は帝京大学卒業後、派遣社員などを経て、現在は全国福祉保育労働組合に勤務。党横浜北東地区青年学生対策部長。昨年12月の衆議院選挙で神奈川3区から出馬した。「若者や女性の雇用を守り、防災対策や医療・福祉を充実させたい」と話している。

 葛西氏は、地方自治体が持つ課題への提言活動をはじめ、NPOや市民活動を通して、地域づくりや非正規公務員の是正などに取り組んでいる。「自治体を市民とともに作る市民団体へ、地方議会を国会の縮図から住民の縮図へ変えていきたい」と訴える。その他、説明会に参加した1人が無所属からの立候補を検討中。
 

トレッサ横浜

大切な人に思いを伝えよう。ハートDays開催!

http://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6件

刷新3年遅れ、費用3倍に

横浜市ホームページ

刷新3年遅れ、費用3倍に

1月19日号

大口台小が優秀校に

全国健康づくり推進学校表彰

大口台小が優秀校に

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

区制90周年ロゴ決定

観光ツアー  1000通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1000通り準備

1月5日号

つながり育む区政を

関連記事(ベータ版)

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「焼物を通じて何を現わせるか」

フェイアートギャラリー

「焼物を通じて何を現わせるか」

1月26日まで高垣篤 陶展

1月15日~1月26日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク