神奈川区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

横浜環境活動賞 「トンボ」が大賞 調査通じたエコ推進で

社会

捕獲に挑戦する子どもたち
捕獲に挑戦する子どもたち

 京浜臨海部(神奈川区・鶴見区)にある11の企業緑地やトンボ池などでトンボの調査を行っている「トンボはドコまで飛ぶかフォーラム」(吉田洋子代表=人物風土記で紹介=)=事務局・泉町=がこのほど、第20回横浜環境活動賞の市民の部で大賞を受賞した。

 同フォーラムのトンボ調査は、「京浜の森づくり事業」の一環として10年前にスタートした。毎年、夏になると同地域の企業・市民団体・行政・専門家などが連携してトンボを捕獲、マーキング後に放ち、「そのトンボがどこまで飛ぶのか」を調査・研究してきた。分析結果はシンポジウムで報告。自然の豊かさを示す指標とされるトンボの生態調査を通じ、「質も考慮した緑化」など、環境エコアップを推進することを目的に活動中だ。さらに、市内の小中学生を対象にトンボの調査体験会を行っていることなども評価され、大賞と特別賞(生物多様性)に輝いた。

 吉田代表は「調査を通じて、工業地帯にも多様な生物が生息していることが分かってきた。参加企業が環境問題を考えるきっかけにもなっている」と10年の成果を話し、「企業や行政の協力を得て、活動範囲を広げていきたい」と、調査場所の増加を目指す方針だ。

 横浜環境活動賞は、地域で様々な環境保全・再生・創造の取り組みを積極的に行っている団体などを表彰する制度。1993年度に創設され、今年度は同フォーラムのほか、株式会社横浜八景島(企業の部)、横浜市立戸部小学校とべエコクリーン委員会(児童・生徒・学生の部)が大賞を受賞した。
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6件

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

神奈川区行動指針を発表

地域包括ケアシステム

神奈川区行動指針を発表

3月29日号

12事業所が職業講話

六角橋中

12事業所が職業講話

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

民間企業と「抗疲労効果」実証

神奈川大大後教授

民間企業と「抗疲労効果」実証

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

神奈川大学 生涯学習講座

100種類以上の多彩な講座。どなたでも受講いただけます。

http://ku-portsquare.jp/site/course/list/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「猫の絵描き」高橋行雄展

「猫の絵描き」高橋行雄展

フェイアートで4月3日〜

4月3日~4月8日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク