神奈川区版 掲載号:2013年5月23日号
  • googleplus
  • LINE

主催している「銭湯寄席」が60回を迎えた 開発 勝二さん 六角橋在住 77歳

若手噺家を育てて10年

 ○…六角橋商店街にある銭湯・千代田湯の主人であり、2カ月に1回のペースで銭湯寄席を開催する席亭の顔も持つ。このほど第60回を迎え、丸10年となった寄席には、「二つ目」と呼ばれる落語家のみが出演。実践の機会が少ない若手に「勉強の場をつくってあげたい」との思いで始めたものだ。その甲斐あり、これまでに2人の噺家が「真打」に昇進した。来年には、もう1人増えることが決まっている。

 ○…出身は品川。目黒駅前にあった銭湯の後継ぎとして生まれた。学生時代には、新宿にある末廣亭に通いつめるなど、その頃から落語が好きだった。縁あって六角橋の千代田湯を譲り受けることになり、25歳で横浜に移り住んだ。その翌年に結婚。一男一女に恵まれた。当時はまだ薪で湯を沸かしていた時代。朝から晩まで働いて、家庭に風呂のない地域住民に憩いの場を提供した。「趣味とか遊びとか、そんな余裕はなかったよ」と懐かしむ。

 ○…銭湯寄席を始めたきっかけは、妻と一緒に通っていた近所の写真屋で行われていた寄席がなくなったこと。「銭湯を経営している自分なら場を提供できる」と考え、知人の落語愛好家に話を持ちかけると、6人の噺家が、各回2人ずつ来てくれることになった。初回こそ盛況だったが、その後は客が減少。続けていけるか不安になった時期もあるが、正月の初席で6人全員が出演したことで人気が回復した。今は毎回40〜50人の客が訪れる。

 ○…時代は流れ、現在は各家庭に風呂がついている。銭湯自体の経営も楽ではないため、息子に後を継がせる気はないという。それでも、地域住民にとって交流の場にもなっている銭湯と寄席を「自分が元気な限り、続けていきたい」とほほ笑む。その横顔はまだまだ若々しく、「やめちゃったら噺家さんにも申し訳ないからね」と、これからも地域住民に笑顔と温もりを提供し続ける。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

神奈川区版の人物風土記最新6件

江成 道子さん

一人親の自立支援を行う(一社)日本シングルマザー支援協会の代表理事を務める

江成 道子さん

3月22日号

小川 正さん

精華小学校の元校長で、子どもに寄り添う教育理念を1冊にまとめた

小川 正さん

3月15日号

菊田 敬祐さん

「ビールヨガ」インストラクターとして、ヨガの普及に尽力する

菊田 敬祐さん

3月8日号

齋田 博樹さん

JA横浜直営直売所で「ひなまつり」イベントを開催する

齋田 博樹さん

3月1日号

大内 えりかさん

環境カウンセラーとして資源の大切さを伝える活動を続ける

大内 えりかさん

2月22日号

佐伯 美華さん

学校・地域コーディネーターとしてキャリア教育の充実を図る

佐伯 美華さん

2月15日号

神奈川大学 生涯学習講座

100種類以上の多彩な講座。どなたでも受講いただけます。

http://ku-portsquare.jp/site/course/list/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「猫の絵描き」高橋行雄展

「猫の絵描き」高橋行雄展

フェイアートで4月3日〜

4月3日~4月8日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク