神奈川区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

神奈川警察署 貸切バスで事故ゼロ啓発 高齢者集めツアー企画

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena
ラッピングが施された相鉄バス
ラッピングが施された相鉄バス

 高齢者の交通事故を防ごうと、神奈川警察署(長澤嘉信所長)は「交通事故死ゼロを目指す日」の4月10日、神奈川区老人クラブ連合会(田中隆博会長)の代表者らを招いて「交通安全バスツアー」を実施した。

 この交通安全バスツアーは、春の全国交通安全期間中に実施される「交通事故ゼロを目指す日」キャンペーンの一環として行われたもの。昨年の神奈川区内における高齢者の事故は205件で、全体の約25%を占める。こうした現状を踏まえ、神奈川警察署は、相鉄バス(株)横浜営業所とともにツアーを主催。当日は、シルバーリーダー18人のほか、神奈川交通安全協会、神奈川安全運転管理者会、神奈川区防犯協会ら7団体33人が参加した。

 昨年の区内の死亡事故は7件7人。今回のコースは、実際の交通事故現場5カ所を巡るものとなった。「カーブでは速度を落とせ」「慣れた道こそ注意が必要だ」「バイク用エアバックの着用を」など、交通課の署員から事故状況とその防止策が述べられると、参加者は神妙な面持ちでメモを取っていた。

 さらに、バス内には神奈川県警のゆるキャラ「腰永小百合」さんも登場。生活安全課の署員と「オレオレ詐欺」の寸劇を演じ、「電話でお金を要求する息子や孫は詐欺です」と訴えた。

山内埠頭では、ダミー人形を使用した巻き込み実験も行われた。

 老人クラブの田中会長は「今回は被害者視点のツアーだったが、加害者になりうることも忘れてはいけない」と話していた。長澤署長は「交通事故死は減少傾向にあるが、ゼロではない。見たこと感じたことを地域で伝えてほしい」と呼びかけていた。

神奈川区版のトップニュース最新6

色鮮やかに祠一新

三ツ沢下町延命地蔵尊

色鮮やかに祠一新 文化

塗装施し地域のシンボルに

4月2日号

団員増 決め手は積極広報

神奈川消防団

団員増 決め手は積極広報 社会

総務大臣から感謝状

4月2日号

名もなき坂 愛称決まる

六角橋北町

名もなき坂 愛称決まる 社会

町内3カ所、住民投票で

3月26日号

4件 いずれも高齢者

交通死亡事故

4件 いずれも高齢者 社会

発生ペース昨年上回る

3月26日号

相談対応をマニュアルに

デートDV

相談対応をマニュアルに 社会

区内のNPOが発行

3月19日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク