神奈川区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

スカーフ親善大使が決定 幅広い年代から4人

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena
揃いの制服にスカーフをアレンジした大使たち
揃いの制服にスカーフをアレンジした大使たち

 横浜スカーフの魅力を市内外にPRする「横浜スカーフ親善大使」の3代目がこのほど決定した。

 今回選ばれたのは、写真左から佐々木春奈さん(30)、高橋由紀江さん(66)、小林優衣さん(19)、峯岸伊美(よしみ)さん(41)の4人。幅広い年代の人々にスカーフの魅力を伝えたいと、それぞれの年代から選ばれた。

 佐々木さん=港南区在住=はテレビで横浜スカーフの特集を見て、その素晴らしさに惹かれて応募した。高橋さん=栄区在住=は「シルクを愛用していた年代の代表として、改めて良さを伝えられたら」と話す。ファッション専門学校に通う小林さん=藤沢市在住=は「若い世代にスカーフの魅力を広めたい」と笑顔で語り、峯岸さん=港南区在住=は「自分もアレンジを学びながら、PRに尽力したい」と意気込みを話した。

 任期は1年間。4月27日には横浜赤レンガ倉庫で任命式が行われ、今後市内外のイベントなどで横浜スカーフの魅力を伝えていく。

神奈川区版のローカルニュース最新6

仏教会が弁当無償配布

仏教会が弁当無償配布 社会

食支援目指し本覚寺などで

2月25日号

ノアが横浜武道館に

ノアが横浜武道館に スポーツ

3月7日、タイトル戦も

2月25日号

子どもも楽しめる演奏会

子どもも楽しめる演奏会 文化

世界的ピアニストが出演

2月25日号

親子でクラシック鑑賞

親子でクラシック鑑賞 文化

かなっくホールでコンサート

2月25日号

福島に「災害義援金」手渡し

横浜金港ライオンズクラブ

福島に「災害義援金」手渡し 社会

2月25日号

中央卸売市場の90年

中央卸売市場の90年 文化

中央図書館で企画展

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:27更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク