神奈川区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

大橋ジム所属 井上選手が世界王座奪取 ”国内最速”の夢叶う

スポーツ

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena
勝利を喜ぶ井上選手(左)ら大橋ジム陣営
勝利を喜ぶ井上選手(左)ら大橋ジム陣営

 東京で4月6日に行われたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチで、鶴屋町の大橋ボクシングジム(大橋秀行会長)所属の井上尚弥選手が、メキシコ人王者を6ラウンドTKOで破り、世界王者に輝いた。プロ6戦目での世界王座奪取は国内最速記録となった。

 試合は序盤から井上選手のペース。これまでに王座を4度防衛しているチャンピオンをスピードで翻弄し、多彩なコンビネーションパンチで主導権を握る。中盤は足を止めた激しい打ち合いとなり、迎えた第6ラウンド終盤、井上選手渾身の右ストレートが王者の顎をとらえダウンを奪うと、そのままレフェリーが試合を止めた。

 試合後のインタビューで新王者は「途中苦しい時間もあったが、小さいころからの夢を絶対叶えるという想いで戦った」と語った。また、大橋会長やトレーナーで父の真吾さんに向けた感謝の気持ちを話し、「もっと大きな夢に向かって頑張るので、よろしくお願いします」と呼びかけた。

八重樫選手もKO防衛

 同日はWBCフライ級王者・八重樫東選手(旭区在住)もメキシコ人選手を相手に3度目の防衛戦を行い、9ラウンドKO勝ちした。八重樫選手は2007年に、大橋会長は現役時代の86年に、当時の国内最速となる7戦目で世界王座に挑戦するも、失敗している。

 長年の夢を叶えた愛弟子をリング上で抱きしめた大橋会長は、何度も「尚弥、ありがとう」と感謝した。

神奈川区版のローカルニュース最新6

コロナ対応 自社製品で支援

コロナ対応 自社製品で支援 社会

太陽油脂 消防局に石鹸寄贈

3月26日号

上昇率 羽沢南がトップ

公示地価

上昇率 羽沢南がトップ 経済

新駅開業で開発に期待感

3月26日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

新生ハマスタ 完成

新生ハマスタ 完成 スポーツ

Yデッキ拡張し回遊性向上

3月26日号

「ハマスタ」自宅で作ろう

「ハマスタ」自宅で作ろう スポーツ

DeNA 工作用データ公開

3月26日号

パパの育休後押し

パパの育休後押し 社会

ガイドブックで事例紹介

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月27日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク