神奈川区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

白幡小6年生 米児童とTV会議 姉妹都市間で交流深める

教育

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
カメラに向かって手を振る児童ら
カメラに向かって手を振る児童ら

 横浜市立白幡小学校(永池啓子校長)で4月18日、姉妹都市である米国サンディエゴのモーニングクリーク小学校(エイミー・リチャードソン校長)と「TV会議」が行われた。両校の6年生代表児童10人が、文化や環境保護活動などの質問を出し合い、交流を深めた。

 会場となった白幡小の図書室には、モニターやパソコン、カメラがズラリと並び、6年生児童112人をはじめ、通訳としてサポートにあたった学校関係者など、約130人がTV会議を見守った。

 交流のきっかけは、モーニングクリーク小が東日本大震災の際、千羽鶴を姉妹都市である横浜市を通じて石巻の小学校に送ったこと。林文子市長もサンディエゴ訪問時に、石巻の子どもたちの寄せ書きを届けている。

 また、白幡小は環境保護活動に取り組んでおり、昨年2月には、米国のNPO法人「セイラーズフォーザシー」が認定書を寄贈。同法人の創始者デイビッド・ロックフェラー・ジュニア氏は、モーニングクリーク小で白幡小の取り組みを紹介するなど、学校間交流の架け橋となった。そして、両校で「太平洋を西と東で守ろう」という機運が高まり、今回のTV会議開催が実現した。

10人ずつ質問

 TV会議は、代表者10人ずつが質問し合う式で行われた。内容は「どうやって通学しているのか」「流行っている遊びは」などの学校生活に関わることから、「環境について考えていることは」「どんなゴミが多いのか」など海の環境についてまで多岐に渡った。

 熱心にメモを取っていた深田紗希さんは「安全パトロールクラブがあると知って驚いた。もっとサンディエゴを学んで、クリーク小と交流したい」と感想を述べた。永池校長は「環境保護活動を通じた交流のはじめの一歩となったのではないか」と話していた。

神奈川区版のトップニュース最新6

「もう一度店を」思い実った

「もう一度店を」思い実った 社会

閉店の飲食店、同業が支援

8月13日号

ひとり親の食を支援

横浜市

ひとり親の食を支援 社会

コロナ禍受け提供会

8月13日号

住宅火災の割合増加

横浜市

住宅火災の割合増加 社会

上半期に157件発生

8月6日号

「学びの保障」に対策

市教委

「学びの保障」に対策 教育

臨時補助職員を増員

8月6日号

けが予防へ3者スクラム

神奈川消防署

けが予防へ3者スクラム 社会

浴場・薬局に冊子配架

7月30日号

9割は「ネット広告」

通販トラブル

9割は「ネット広告」 社会

前年度から相談倍増

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月9日20:15更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク