神奈川区版 掲載号:2014年5月15日号 エリアトップへ

全国少年柔道大会 朝飛道場3年ぶり優勝 強豪との大接戦制す

スポーツ

掲載号:2014年5月15日号

  • LINE
  • hatena
元気いっぱいの選手たち
元気いっぱいの選手たち

 平川町にある朝飛道場が5月5日、講道館=東京都文京区=で行われた第34回全国少年柔道大会の団体戦で、3年ぶり5度目の優勝を果たした。

 同大会には、予選を勝ち上がった都道府県代表の48チーム(東京2チーム)が出場し、熱戦を繰り広げた。

「応援が力に」

 朝飛道場は1回戦を4対1で勝ち上がると、そのまま勢いに乗って5回戦の準決勝まで、わずか3敗(21勝)。前評判通り、順当に決勝戦へ駒を進めた。

 決勝の相手は優勝候補の大刀洗豪武館(福岡)。「予選で一本負けをしていたので何としても勝ちたかった」。そう振り返る先鋒の佐藤琉絢くん(5年)が、値千金の一本勝ち。次鋒の宮崎元汰くん(5年)は引き分け。中堅の望月心人くん(6年)は、技有を取りながらも逆転負けを喫し、「大事な所で勝ち切れなかった」と悔しさをにじませた。副将は個人戦でも優勝したエースの工藤海人くん(6年)。「負けた中堅のために必死に戦った」と、得意の寝技で一本勝ちを収めた。大将の安齋雄裕くん(6年)は一本負け。「全く歯が立たなかった」と素直に負けを認めた。

 対戦結果は2対2。優勝の行方は代表戦にゆだねられた。登場したのは引き分けだった次鋒・宮崎くん。「緊張したけど、みんなの声援は聞こえていた」。最後の力を振り絞って攻めに攻め、僅差で勝利。チームに優勝をもたらした。朝飛大館長は「荒削りな反面、怖がらずに攻め続けたことが勝利につながった」と選手を労っていた。

神奈川区版のローカルニュース最新6

2例目の女性本部部長に

有田美智代さん(羽沢町) 神奈川消防団

2例目の女性本部部長に 社会

10月22日号

タンゴ、本場の音色で魅了

バンドネオン奏者 平田さん

タンゴ、本場の音色で魅了 文化

10月22日号

三ツ沢でハロウィーン

三ツ沢でハロウィーン 文化

10月31日、小中学生対象

10月22日号

妊婦向け食育講座

正社員雇用 8割「当面維持」

正社員雇用 8割「当面維持」 経済

横浜市調査で企業回答

10月22日号

地区センなど区内7カ所で

フードドライブ

地区センなど区内7カ所で 経済

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク