神奈川区版 掲載号:2014年5月22日号 エリアトップへ

「白楽バーコネクション カクテルデースタンプラリー」の音頭をとる 島田 孝一さん 港北区在住 38歳

掲載号:2014年5月22日号

  • LINE
  • hatena

「バー」で人つなぐ

 ○…バーの街、白楽。30店舗以上が軒を連ねるバーの魅力を発信し街を盛り上げようと、今年もスタンプラリーを企画した。「白楽や六角橋を、夜も人が集まって楽しめる街にしたい」。イベントへの想いは強く、周辺8店とともにそれぞれのオリジナルモヒートで訪れた人をもてなす。「店同士のつながりがあることは、お客さんにも良いこと。僕たちの仲が良いと、いろんなお店に行きやすくなるでしょ」と微笑む。

 ○…生まれは菊名。子どもの頃はおとなしい性格だったが、「学校中の蛇口を全部外すいたずらをしていた」と、その物腰の柔らかい口調からは想像つかない個性的な一面もあった。大学時代は好奇心の赴くまま東南アジアやヨーロッパなど30カ国以上に足を運び、現地の人々とふれあった。時には紛争地域にも踏み入れ、様々な価値観を吸収したという。

 ○…全国のバーから年賀状が届くほどのウイスキー好きで、「人と関われる仕事をしよう」と、29歳のときバーを開こうと決心。勤めていた会社からの昇進の打診を断り、ウイスキーの本場スコットランドへ。運よくウイスキー作りの巨匠、ジム・マッキュワン氏の蒸留所で半年間修業。帰国して都内のバーなどで働いた後、2009年に独立開業。蒸留所の名前を借りて「ラディー」と名付けた。仕事で来日したワッキュワン氏も「日本に行くなら孝一の店に行きたい」と来店してくれた。今では地元客はもちろん、取り扱っている珍しいスコッチを求めて遠方から訪れる人もいる。「ウイスキーができる土地や作っている人を肌で感じたことは大きかった」

 ○…休みの日は、常連客や周辺のバー仲間との交流イベントの企画準備で忙しい。「今度はみんなで北海道に行ってきます」とにっこり。「この街が人と人のつながりを作り出すベースとなって、うちのお店がそのきっかけになったらいいなと思っています」

神奈川区版の人物風土記最新6

浜田 太郎さん

創業時の人気メニューを復活させた島田橋やぶの店主

浜田 太郎さん

松本町在住 46歳

12月5日号

田村 和也さん

キャンドルナイト実行委員長を務める神奈川大学3年生の

田村 和也さん

六角橋在学 21歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

名取 正暁さん

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の

名取 正暁さん

三ツ沢出身 57歳

11月14日号

出井 敏博さん

埼玉西武ライオンズからドラフト育成1位で指名された、神奈川大学野球部に所属する

出井 敏博さん

六角橋在住 22歳

11月7日号

荻原 朋子さん

横浜銀行アイスアリーナでスケートを習っている

荻原 朋子さん

90歳

10月31日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク