神奈川区版 掲載号:2014年6月5日号 エリアトップへ

横浜市 「お泊りデイ」に独自基準 実態把握し環境整備へ

掲載号:2014年6月5日号

  • LINE
  • hatena

 在宅介護を支え、利用ニーズが増える一方で安全面の課題が指摘されている「お泊りデイ」(注)。横浜市は指定通所介護事業所(デイサービス)等で行っているこの宿泊サービスについて運営指針を定め、5月1日から施行している。東京都などではすでに独自の基準を定めているが、政令市では初となる。

 市が今回指針を定めたのは、介護保険制度外のため行政が実態を把握しきれず、指導に入る根拠がなかったためだ。全国的にも一部施設での男女同室や雑魚寝など、劣悪な環境下でのサービス提供や利用者のけが、死亡事故の事例があったため、安全確保やプライバシー保護、防災管理体制などの事項を設けた。

 指針には宿泊者の上限を昼の利用定員の2分の1とすることや、事業所の規模に応じた介護職員の配置、緊急時の連絡体制の整備などをあげている。また、宿泊日数の上限を定めないなど、先行実施する東京などとは異なる市独自の方針も打ち出す。「指針は利用者を最低限守る仕組み。上限を決めることが利用者にとって必ずしも適切でない場合がある」と市健康福祉局の担当者は話す。利用者の心身の状況に合わせて必要なサービスを提供しようと、事業所とケアマネジャーの連携も盛り込んでいる。

 神奈川県の実態調査では、市内で「お泊りデイ」を提供する事業所は2011年12月時点で46カ所だったが今年2月には85カ所に増加。今後は届け出制にし、事業所数や状況などの正確な実態把握を目指す。

入所待ちで利用者増

 普及の背景には利用者を取りまく環境がある。市内の特別養護老人ホームの入所待ち者は5290人、要介護3以上はそのうち3795人(4月時点)で、在宅介護が不可欠だ。こうした状況に対応し「お泊りデイ」とは異なる、宿泊・通い・訪問を含む包括的サービスを提供する施設はあるが、料金が割高になるなど「使いづらさ」も指摘される。その一方で「お泊りデイ」については利用者が翌日デイサービスを利用するケースも多く送迎が不要など事業者側の利点もある。

 2年前から「お泊りデイ」を提供するささゆりデイサービス長津田事業所の星野嘉美施設長は「普段通い慣れた場所は利用者も安心。新たに契約しなくてよい利便性もあるようだ」と話す。市は「今年度は趣旨や内容の周知を徹底する」とし運用の中で実情に合わせた見直しを検討するとしている。

神奈川区版のトップニュース最新6

チョコ募金で小児・難民支援

WEショップ

チョコ募金で小児・難民支援 社会

区内2店舗、2月14日まで

1月23日号

「がん情報ギフト」を寄贈

神奈川RC

「がん情報ギフト」を寄贈 社会

60周年記念で5図書施設に

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月16日号

名もなき坂に愛称を

六角橋北町

名もなき坂に愛称を 社会

住民投票で決定へ

1月16日号

「地域間連携、さらに深めたい」

「地域間連携、さらに深めたい」 政治

高田区長、今年の展望を語る

1月9日号

オリ・パラ 準備は万端

オリ・パラ 準備は万端 社会

黒岩知事インタビュー

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク