神奈川区版 掲載号:2014年6月12日号 エリアトップへ

神奈川区「朝ごはんレシピコンクール」の簡単野菜レシピ部門で最優秀賞に輝いた 菊池 茂夫さん 斎藤分町在住 64歳

掲載号:2014年6月12日号

  • LINE
  • hatena

食学び自分の栄養に

 ○…神奈川区は6月の食育月間に合わせ、「朝ごはんレシピ集」を区内の保育園や幼稚園、小中学校の児童生徒らに配布している。冊子に掲載されているレシピは166件の応募から選ばれた22作品。「人それぞれ好きな組み合わせで食べてもOK」と考案した、火を使わずにでき、野菜も摂れる「かんたん野菜たっぷりさんま蒲焼丼」が最優秀賞に選ばれた。「こんなに簡単なものがレシピ集の最初に載るなんて、とんでもないこと」と笑う。

 ○…福岡県出身、大学進学で上京した。しかし、時は学生運動真っ盛り。授業はほとんど休講だったため、老舗パンメーカーの工場や大手百貨店など、様々な業種のアルバイトを経験。その収入で全国各地を旅した。「旅行業に就きたいと思っていた」が、エネルギー会社で人事畑を歩んだ。メンタルヘルスが注目される時代には多くの悩みを抱えた社員と向き合った。「気が重くなるから、気功を使った整体でリフレッシュした」と話す。

 ○…単身赴任中も、飲み会などがあって台所に立つことはほとんどなかった。50歳になるまで米を炊いたことさえなかったが、去年の3月に定年退職して興味を持ったのが「食」。現在はヘルスメイトの講座に参加したり、料理教室に通っている。「精神的なことは答えがないけど、食は答えがある」。日常生活でも塩分の少ないものを選ぶなど、意識が変わってきた。今、興味があることは高齢者の低栄養化。「年を取ると、これは食べない方が良いというように節制するけど、それが良くないこともあるんだって」と目を見開く。

 ○…多彩な趣味を持ち、ヘルスメイトや歴史ガイド会のほか「趣味を作るなら、苦手なことにもチャレンジしたい」と、写真サークルや乗馬にもチャレンジしている。「大学の公開講座に行って、食について詳しく学びたい。過去を振り返るより、これからを楽しみたい」と意欲を見せる。

神奈川区版の人物風土記最新6

浜田 太郎さん

創業時の人気メニューを復活させた島田橋やぶの店主

浜田 太郎さん

松本町在住 46歳

12月5日号

田村 和也さん

キャンドルナイト実行委員長を務める神奈川大学3年生の

田村 和也さん

六角橋在学 21歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

名取 正暁さん

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の

名取 正暁さん

三ツ沢出身 57歳

11月14日号

出井 敏博さん

埼玉西武ライオンズからドラフト育成1位で指名された、神奈川大学野球部に所属する

出井 敏博さん

六角橋在住 22歳

11月7日号

荻原 朋子さん

横浜銀行アイスアリーナでスケートを習っている

荻原 朋子さん

90歳

10月31日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク